NURO光

PS5はIPv6に完全対応 PS4のIPv4接続に比べて大きなメリットとは

PS5から、IPv6に完全対応しています。

下記が実際のPS5の接続状況画面です。

PS5でIPv6に対応していることが確認出来る(クリックで拡大)PS5でIPv6に対応していることが確認出来る(クリックで拡大)

 

IPv6アドレスの項目があり、IPv6に対応しているのが確認できると思います。

PS4では、IPv4のみ対応だったので非常に嬉しい対応です。

IPv6によって何が変わる?

まずグローバルIPアドレスとは

グローバルIPアドレスとは、インターネット上の唯一無二の住所のようなものです。

重複するIPアドレスは世界中で存在しません。

一方、プライベートIPアドレスは、家庭内や組織内で使うIPアドレスです。

自由にIPアドレスを設定出来、利用することは出来ますが、相手からの通信が直接通信が出来ないなどの制約があります。

IPv4では、ONU(ルータ)以外はほぼ全てこのプライベートIPアドレス接続となります。

PS5は1台につき一つのグローバルIPアドレスを付与

IPv6では、IPv6対応機器であれば、グローバルIPアドレス(ネット上の住所)が全ての機器で利用出来ます。

PS5では今回IPv6に対応したので、PS51台につき一つのグローバルIPアドレスを付与出来ることになります。

IPv4のデメリット 複数台のPS4で同じゲームでは不具合

IPv6に対応していないPS4では、同一ネットワーク(家庭内)で2台以上のPS4を利用した場合

オンラインゲームでは、ポート開放が1台のみ出来ない問題があります。

もしオンラインゲームでポート開放が出来ない場合、ゲーム中不具合が発生します。

家庭内で同じゲームを兄弟姉妹でPS4をプレイする場合、必ず出てくる問題です。

IPv4のみのPS4では、NATタイプ変更は1台のみ

NATタイプがタイプ3では、ゲームサーバやPlayStation Networkに直接通信することが出来ません。

公式でも、NATタイプ3はネットワーク機能が制限されると記載されています。

PlayStation®4 ユーザーズガイド(Sony公式)

NATタイプPS4™からインターネットにどのように接続しているか
ゲームの通信機能を利用するときなどに、他のPS4™との接続性の目安になります。
タイプ1:インターネットに直接接続しています。
タイプ2:インターネットにルーターを経由して接続しています。
タイプ3:インターネットにルーターを経由して接続しています。
タイプ3では、他のPS4™と通信できず、PS4™のネットワーク機能が制限される場合があります。詳しくは「PlayStation™Networkに接続できないときは」をご覧ください。

実際、ゲーム中でも弊害があり

  1. 対戦ルームを開くことが出来ない(開いても誰も来ない)
  2. 対戦が成立しにくい(通信エラーが出る事も)

等、問題が発生し、快適なプレイ環境とは言い難いです。

何故ポート開放、複数のPS4に出来ない?

ポート開放が1台しか出来ない弊害として

  1. 複数台のPS4で同じゲームをプレイする場合、1台しかポート開放された状態で出来ない
  2. 複数台のPS4で1台しかNAT2に変更出来ない

等、説明してしてきました。

では、何故IPv4のみ対応のPS4では、そもそも1台のPS4にしかポート開放出来ないのか。

 

実はIPv4の場合、家庭内で基本的に1つしかグローバルIPアドレスが持てないからです。

IPv4の制約は以下の通りです。

  1. グローバルIPアドレスは、ONU(ルータ)のみ付与
  2. PS4はプライベートIPアドレスしか持てない
  3. 一つのグローバルIPアドレスに対して、同じポート番号は一つの機器(PS4)にしか転送出来ない
複数のPS4に対してポート開放出来ない仕組み(クリックで拡大)複数のPS4に対してポート開放出来ない仕組み(クリックで拡大)

 

簡潔に言えば、グローバルIPアドレス(ネット上の住所)が、PS4に付与されていません。

そのため、ゲームサーバーと直接通信出来ません。

ONU(ルータ)には、グローバルIPアドレスが付与されていますので、その通信を1台のPS4に転送して、ゲームサーバと直接通信を行っています。

ですが、ゲームサーバから直接通信をONUから受け取り、PS4に転送出来るのは1台のPS4に対してのみの制約がかかります。

PS5のIPv6対応メリット

IPv6の場合、PS5に対してグローバルIPアドレス(ネット上の住所)が付与されます。

そのため、ゲームサーバから直接通信を送ることが出来ます。

IPv6対応のPS5はグローバルIPアドレスが付与される(クリックで拡大)IPv6対応のPS5はグローバルIPアドレスが付与される(クリックで拡大)

複数台のPS5で同じゲームが出来る

PS4と違い、全てのPS5にグローバルIPアドレスが付与されますので、IPv4のようなポート開放の制約は受けません。

そのため、同じゲームを同時にプレイしても、どちらのPS5でもポート通信が可能であり、快適にプレイすることが可能です。

複数台のPS5でNAT2が可能に

グローバルIPアドレスが付与されているため、PlayStation Networkと直接通信が可能です。

ポート開放の制約も受けませんので、NATタイプ2で接続可能です。

IPv6接続されたPS5の実際のゲーム

機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブーストON

PS4でポート開放されていない場合、以下の制約がありました。

  1. プレマの対戦ルームで相手の通信状況が計測中のままになる
  2. 対戦が始まらない場合がある

PS5でIPv6接続にした場合(ゲームサーバと直接通信可能)

  1. プレマの対戦ルームで相手の通信状況が表示されるように
  2. 対戦が始まらない状況が起こらなくなる

ポート開放されたPS4と同じプレイが可能になっていました。

IPv6接続されたPS5のNATタイプ

特にONUで設定変更せず、そのままPS5をLANケーブルで接続された状態です。

回線は、NURO光(IPv6に標準対応)

NURO光の場合、IPv6対応機器であれば、自動的にIPv6接続になります。

ONU(ルータ)やPS5設定を全く変更せず、NATタイプ2と表示されています。

この状態であれば、ゲームサーバやPlayStation Networkと直接通信ができ、快適にゲームプレイに集中することが出来ます。

光回線 満足度1位のNURO光を使ってみませんか

NURO光回線は、これだけの速度が出ます

■NURO光の速度を実際に測定した結果(2021年1月計測)

ニューロ光 実測・応答速度結果 2021年1月ニューロ光 実測・応答速度結果 2021年1月
  • ダウンロード速度:946Mbps
  • アップロード速度:837Mbps
  • 応答速度       : 4ms

 

■NURO光の特徴

NURO光は、SONYグループであるSo-netが提供する独自光回線です

  1. 最大速度 2Gpbsの光回線
  2. NTT系光回線と完全に独立しているため、速度が高速
  3. 無線LAN(Wi-Fi)機器が永年無料
  4. 戸建てだけではなく8階までのマンションにも対応

 

価格.ocmネット回線満足度ランキング 2020 総合満足度1位

NURO光は3年連続で1位受賞NURO光は3年連続で1位受賞

項目別では、「月々の支払料金」1位、「回線事業者に対する信頼性」2位、「通信速度」1位、「キャンペーンや割引」2位と、どの項目も満足度が高いアンケート結果となっています。

■PS5実機での実測速度とNATタイプ

NATタイプは、NURO光、PS5共にIPv6対応のためNAT2で接続出来ています。

  • NATタイプ   :タイプ2
  • ダウンロード速度:822Mbps
  • アップロード速度:464Mbps
PS5の速度測定結果による実測速度

■PS4のゲーム本体を「PSstore」でダウンロード

  • ゲーム本体(33GB)を10分程度でダウンロード
  • ゲームプレイまで長く待つ必要がなくなります
NURO光 PS4「bloodborne」を約10分程度でダウンロード完了(本体容量 33GB)NURO光 PS4「bloodborne」を約10分程度でダウンロード完了(本体容量 33GB)

 

NURO光は市販ウイルス対策ソフトが永年無料

ウイルス対策 検出率トップ評価のカスペルスキー セキュリティ

NUROならウイルス対策ソフトの購入費用が節約出来ます

 

■高速ネットにセキュリティソフト込みでこの月額料金

コミコミで月額4742円。1日分で換算すると、152円で利用できます

■NURO光をもっともお得に契約するコツは?

光回線は申し込み窓口によって、キャッシュバック等全く異なります。

  1. どこがお得な申し込み方法かわからない
  2. 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた
  3. キャッシュバック条件が複雑でわかりにくい

 

もっともお得な申込窓口や、期間限定キャンペーンも下記にて解説しています

NURO光 期間限定の申し込みキャンペーンを徹底比較