さぁ、開通した。

しかし、思ったより速度が出ないことがあります。

その場合は、屋内にある設備の影響(ボトルネック)がほとんどとなります。

 

  • 無線LAN

無線機器は無料で貸し出される宅内終端装置(ONU)に標準装備されています。

(無線スペック)

最大速度450Mbpsの無線LAN(対応する規格はIEEE802.11a/b/g/n、周波数帯域は2.4GHzおよび5GHz)

スペック上450Mbpsとありますが、実測では40〜70Mbps出ていれば良いほうかと思います。

基本的に無線LANでの接続は、障害物等にて無線信号が減衰してしまうため、フルスペックでの速度は期待出来ません。

フルスペックの速度を堪能したい。そのような方には、有線ケーブルでの接続をおすすめします。

 

  • LANケーブルが古い規格

LANケーブルには色々な規格のものがあります。

一般的に出回っている規格は下記となります。

カテゴリ5 (CAT5)

カテゴリ5e(CAT5e)

カテゴリ6 (CAT6)

これらの中でカテゴリ5のLANケーブルが混ざっている場合、速度が100Mbpsに制限されてしまいます。

そのため、NURO光の速度をフルに発揮することは出来ません。

古いLANがあった場合、カテゴリ5e以上のケーブルに交換する必要があります。

おすすめ出来るLANケーブルは下記となっております。

  • ネットワークハブ

LANを分岐して複数のLANを繋げる機器となります。

こちらの機器も、100Mbpsまでの対応機器の場合、速度が100Mbpsに制限されてしまいます。

古い規格の機器であった場合、新しく交換する必要がなります。

おすすめ出来るネットワークハブは下記となっております。

 

  • PC内臓の有線LAN接続端子

パソコンにほとんどあるLAN接続端子ですが、これらも100Mbpsまでの規格の場合があります。

その場合は、新しいLANボードを取り付ける。

USB3.0対応のギガビットLANアダプタを取り付ける。

などが必要となります。

おすすめ出来るUSBLANアダプタは下記となっております。

  • それでも無線LANで接続したい方へ

最近発表された最新の無線LAN規格、IEEE 802.11ac対応無線LANがオススメです。

 


*PR