実践 プロバイダ提供DSNをGoogleDNSに変更

iPhoneでDSNを設定するためには、まず「設定」アイコンをタップします。

設定画面の中に、下記のようにWi-Fiの項目がありますので、タップします。

現在接続されているWi-Fi(アクセスポイント)が一番上部に表示され、チェックマークが付いています。

こちらの項目をタップします。

もし上部表示されているアクセスポイントにチェックマークが付いていない場合、そもそもWi-Fiに接続されていません。

DNSの設定が出来る設定画面が表示されます。

初期設定の状態は、DNSのIPアドレスはルータのIPアドレスが振り分けられているはずです。

下記の例ではDNSアドレスの初期設定は

  • 192.168.100.1haはIPv4アドレス
  • fe80::ded9::16ff:fecd:ed5eはIPv6アドレス

に設定されています。

基本的にDNSのIPアドレスがルータに指定されている場合、プロバイダが設置しているDNSサーバに接続されます。

DNSを変更する場合、スクリーンショットやメモ帳などにDNS初期値を必ず残しておいて、戻せるようにしましょう。

DNS設定値がおかしい場合、インターネットに接続出来なくなる危険性が有ります。

下記がGoogleDNSに変更した画面です。

DNS欄をタップし、数値を変えることにより、DNS変更することが可能です。

IPv4とIPv6両対応の場合のDNS設定値は

  • 8.8.8.8,2001:4860:4860:0:0:0:0:8888

IPv4のみのDNS設定値は

  • 8.8.8.8,8.8.4.4

です。

上記の数値をコピー貼り付けで設定変更は完了です(特に保存ボタンなどは存在しません)

8.8.8.8

は、IPv4に対してのDNSサーバアドレス

2001:4860:4860:0:0:0:0:8888

は、IPv6に対してのDNSサーバアドレスとなります。

iPhoneの場合、複数のDNSサーバを指定したい場合、「,」カンマを用いることで利用出来ます。

GoogleのIPv4DNSサーバ2つ、IPv6DSNサーバ2つ設定したい場合は、

  • 8.8.8.8,8.8.4.4,2001:4860:4860::8888,2001:4860:4860::8844

何故複数のDNSを設定するのか

DNSサーバが機能しない場合、インターネットに接続することが出来ません。

名前解決(ドメインとIPアドレスの相互変換)が出来ない限り、相手のWebサーバ等に接続することが出来ないためです。

そのため、第1候補(8.8.8.8)が応答がなかったり、応答が遅い場合は、第2候補である(8.8.4.4)に自動的に接続される仕組みです。

何故DNSを変更するのか

DNSは本来であれば、変更する必要がありません。

ただし、DNSサーバが混雑している場合は別です。

DSNサーバはプロバイダが設置し、ユーザーに提供していますが、接続するユーザーが多ければ多いほど混雑します。

混雑した場合、Webサイトへアクセスし、ページ読み込むに入るタイミングが非常に遅くなります。

リンクをクリックしても、なかなか反応しない場合は、DNSサーバが混雑して起こっている現象の可能性があるわけです。

(もちろん相手サーバの不具合や、他の要因の可能性もあります)

混雑してもDNSサーバを増強しないプロバイダ

本来であれば、このような状態になった場合、率先してプロバイダ側がDNSサーバを増強する必要があります。

ですが、プロバイダによっては接続ユーザーが増えても、DNSサーバを増強しない、または増強が全く足りないプロバイダがあります。

特に有名所では、ドコモ光とSoftBank光です。

光回線でありながら、割引率が高いスマートフォンとのセット割りである

  • ずっとドコモ割(ドコモ)
  • おうち割(SoftBank)

こちらの割引サービス効果や、店舗での営業効果により、ユーザ数はうなぎ登りです。

例えば、ドコモ光では2017年1月に300万件を突破し、現在もユーザー数は増加しています。

(お知らせ)「ドコモ光」の契約数が300万件を突破

両社は、ユーザ数増加により速度遅延も起こっていますが、同じ理由でDNSサーバも処理能力が足りていないのが現状です。

速度遅延は対処不可能ですが、DNS接続先は変えられる

回線そのものの速度遅延の場合、残念ながらユーザー側で対処出来ることはありません。

プロバイダのサポートセンターに改善要望を送ったところで、テンプレのメールや電話で対応され、その後状況が変わることはまずありません。

ですが、DNSサーバは別です。

仮に遅延を起こしていても、ユーザー側で変更することが可能です。

その変更可能なDNSサーバーの有名所が、GoogleDNSサーバです。

Public DNS | Google Developers

GoogleDNSサーバは無料で公開されており、誰でも利用可能です。

プロバイダ提供のDNSが混雑していたとしても、代替え先として候補に上がるのがGoogleDNSなのです。

iPhoneのDNSまとめ

  • Webサイトのリンクをクリック(タップ)しても、反応が遅い
  • 「DNSサーバーが応答しません」とエラーが出て、ページが表示されない

上記の場合は、プロバイダ提供のDNSサーバーが混雑している可能性が高い。

そのため、GoogleDNSに変更することが非常に有効な手段になります。

GoogleDNSに変更しても改善しない場合、回線そのものが混雑している場合があるため、回線を変える必要があります。

NURO光に申し込む前に確認 各申込み先キャンペーンを詳しく比較解説

回線が遅延せず快適に利用出来るNURO光

そんなNURO光をお得な方法で申し込みたい

ですが、申し込む前にこんなことを疑問に思いませんか

  • どこがお得な申し込み方法かわからない。
  • 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた。

NURO光の申し込みが失敗しないように、詳しく各申し込み方法を解説します。

NURO光 申し込みキャンペーンを徹底比較

そもそもNURO光がどんな回線かわからない方

NURO光の全てを当サイトのトップページにて詳しく解説していますNURO光の実測や評判は?トップページ