NURO光

マンションの光回線 遅い原因はVDSLにあり

VDSLとは

VDSLは電話線(アナログ回線)を使った通信です。

本来、マンション各部屋へ光ファイバーを配線する必要があるわけですが。

VDSLの場合、その配線をせず既存の電話回線を利用することにより、簡単に光回線を利用することが出来るようになります。

上記図はマンションのVDSL構成ですが、黒い線の部分はVDSL(アナログ回線)になっています。

このアナログ回線は、元々マンションに敷設されている回線ですので、工事が必要がないのです。

 

このように導入は簡単なVDSLの光回線ですが、残念ながらメリットはそれだけです。

他の光回線導入方法より、VDSLタイプの光回線はデメリットだらけの光回線です。

自宅の光回線がVDSLなのかの見分け方

まず、自宅の光回線がVDSLであるか確認が必要です。

光回線の場合、インターネットに繋ぐ機器、モデム(ONU)が、工事業者によって設置されているはずです。

VDSLモデムVDSLモデム

 

この機器から、壁に伸びて繋がっているケーブルがあるはずです。

このケーブルが、電話線であるモジュラーケーブルの場合、自宅の光回線はVDSLタイプです。

モジュラーケーブルの特徴は

  • ケーブルがふにゃふにゃでやわらかい
  • 差込口が小さい
  • ケーブルそのものも細い

これら条件に当てはまる場合は、間違いなく自宅の光回線はVDSLです。

マンションの光回線 何故遅い

VDSLは本来の光回線の1/10速度

本来の光回線の最大速度は1Gbpsです。

一方、マンションタイプのVDSL光回線は最大速度が100Mbpsです。

  • 1000Mbps(光回線)
  • 100Mbps(VDSLタイプ)

上記を見てもわかるように、最大速度が1/10です。

 

ただし、この速度もあくまでも最大であり、実行速度は1Mbps〜90Mbps程度です。

電話線(銅線)を利用して宅内工事を

速度が遅いVDSLが何故あるのか。

VDSLの特徴

  • マンション内に存在する電話線(銅線)をそのまま利用
  • そのまま利用するため、マンション内で光回線を入れる工事が不要
  • 光回線の導入が比較的楽
  • 導入が楽ゆえにマンションの光回線=VDSLの確率が高い

ただし、上記メリットは正直NTT側とマンション業者側しかないです。

ユーザー側からしたら、初期費用は光回線マンションタイプと同じですし。

月額料金の差も殆どありません。

そのうえで、速度が100Mbpsに制限されるVDSLは、正直光回線としてはイマイチとしか言いようがありません。

ノイズに弱いVDSL

VDSLで利用されている電話線(銅線)は、全くノイズ(電磁波)対策がされていない回線です。

そのため、自宅内にノイズ発生源があった場合、影響がモロに出てしまいます。

  • 速度が極端に落ちる
  • 接続が不安定になる
  • 接続が繋がらなくなる

VDSLの最大速度100Mbpsは、ノイズの影響が少ない環境での最高速度です。

ノイズを受けた状態でのVDSLは極端に速度が落ちます。

 

自宅内でのノイズも影響を受けますので、モジュラーケーブルの配線をあまり考えずに結線すると、それだけ速度が落ちる可能性が高くなります。

(モジュラーケーブルもノイズ対策がほぼされていません)

一応ノイズ対策グッツ等ありますが、効果がない報告ばかり見受けられるため、期待はしない方が良いと思われます。

 

一番効果のあるのは、やはりノイズ源からモジュラーケーブルやモデムを離すことです。

ノイズ影響を受ける可能性がある電気機器は、以下のようなものがあります。

  • 電子レンジ
  • 電話機の子機
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • エアコン

自宅内のモジュラーケーブルをこれら機器から避けることにより、電波干渉をある程度避けることは可能です。

 

なお、光回線はノイズ(電磁波)の影響を一切受けません。

光通信は電磁波の干渉は一切ありませんので、自宅が仮にノイズ環境だとしても速度が変わることはありません。

マンション内で共有される光回線

マンションタイプ全ての言えることですが、自宅からNTT局内繋がっているインターネット網は、一本の線で繋がっているわけではありません。

マンションタイプ共通の話ではありますが、マンションの光回線はマンション内で共有されています。

最大32世帯で共有されており、1本の光ファイバーを専有出来るわけではありません。

 

マンションタイプの場合、特に問題なのがマンション内で常時大容量通信を行っている人が多いと、それだけ実測が落ちる点です。

これがよくある話で、マンションタイプで不満の多くはこの点にあります。

特に自宅に帰宅し、ネット利用が増え始める20時から0時までの時間は悲惨な速度になることが多いです。

遅い原因はVDSLにあり まとめ(経験談あり)

VDSLは、とにかく導入を簡単にすることに重点をおいた光回線です。

その他の部分はデメリットばかりで、VDSL以外に選択肢がない場合以外では利用するメリットがありません。

実際に利用したこと(フレッツ光 VDSLマンションタイプ)がありますが。

  • ゲームのDLが遅い(最近のゲームの場合、まる1日かかるレベル)
  • 動画のダウンロードも同じレベルで時間がかかる
  • Windows Updateの更新日は特に回線が重くなる
  • 応答速度(Ping)も速いとは言えない

等、実際に不便に感じることが多々あり、ストレスが溜まることが多かったです。

また、家族で利用する場合、ただでさえ遅いVDSLの速度で共有利用することになり、さらに速度が遅くなっていて、それもストレスになっていました。

 

もちろん人によっては、メールとネットサーフィンのみの人も居ると思いますので、その場合はVDSLでも十分な回線だと思います。

ただ、最近ゲームや動画サイトを多々利用している場合、間違いなく不便な回線であり、もし他に回線へ変えられるのであれば、間違いなく変更すべきです。

NURO光(独自光回線)を利用してみませんか

NURO光の特徴

  • SONYグループであるSo-netが提供する独自光回線
  • 独自光回線のため、フレッツ光が遅い地域でも高速
  • 最大速度2Gpbsの光回線          (フレッツ光は最大速度1Gbps)
  • Wi-Fi 永年無料                 (11ac 最大速度1300Mbps)
  • スマートフォンのような通信制限は一切なし(通信無制限)
  • 戸建てもマンションも対応         (業界初の8階まで)

 

NURO光の速度を実際に測定した結果

  • ダウンロード速度:920Mbps
  • アップロード速度:928Mbps
  • PING測定値    :4ms
ニューロ光 実測・応答速度結果 2019年7月ニューロ光 実測・応答速度結果 2019年7月
  • PS4でフロム・ソフトウェアの「bloodborne」をダウンロード
  • ゲームソフト本体を10分でダウンロード(本体容量 33GB)
  • この速度で、NURO光は速度制限、速度規制一切なし

これだけ快適な超高速回線が使いたい放題のNURO光

そんなNURO光をお得な方法で申し込みたい

ですが、申し込む前にこんなことを疑問に思いませんか

・どこがお得な申し込み方法かわからない

・高額なオプションに釣られて、実は損をしていた

・キャッシュバック条件が分かりやすい申込み先は?

NURO光の申し込みが失敗しないように、下記に詳しく各申し込み方法を解説します

NURO光 期間限定の申し込みキャンペーンを徹底比較

そもそもNURO光がどんな回線かわからない方

NURO光の特徴やメリットを、当サイトのトップページにて詳しく説明してます

NURO光の実測や評判は?トップページ