NURO光

無制限Wi-Fiが速度制限や無制限じゃなくなる?クラウドWi-Fiのリスク

無制限Wi-Fi(クラウドWi-FI)とは

無制限Wi-Fi(クラウドWi-Fi)は、下記のような会社が提供されていました。

  • どんなときもWi-Fi
  • Mugen WiFi
  • hi-ho GoGo WiFi
  • 限界突破WiFi
  • よくばりWiFi

大手キャリア以外で提供されているクラウド型のモバイルルータは、ほぼ無制限Wi-Fiです。

この無制限Wi-Fiは、速度制限なしを売りにしていますが、自社網を持っている訳ではありません。

大手キャリアからSIMを借り受けて、通信を行っています。

 

ではSIMは何処から提供されているのか。

ドコモやauからも借り受けていますが、基本的にはソフトバンクです。

ドコモ及びauは、ソフトバンクほどの大容量SIMを安く他社へ提供していません。

そのため、なるべく安い回線であるソフトバンクに優先的に接続されます。

ソフトバンクの回線が圏外の場合のみ、ドコモ回線やauが利用される仕組みになっています。

無制限Wi-Fiの仕組み

無制限Wi-Fiではソフトバンクの大容量SIMを多く利用されています。

ですが、容量を無制限に使えるSIMは提供していません。

そんな事をすれば、一部ユーザーが極端な大容量通信を行い、回線がパンクする可能性があるからです。

他社に回線を売り、自社回線が混雑するのは本末転倒となりかねません。

あくまでも自社キャリアが優先であり、他社に無制限接続を許すわけありません。

 

ですが、実際にどんWi-Fiのような容量無制限が提供されているのは何故でしょうか。

それは今までは実現出来なかったあるサービスが開始された結果、容量無制限Wi-Fiが実現されたのです。

クラウドSIMサーバーが容量無制限を実現

無制限Wi-Fiは、クラウドSIMサーバで大量のSIMを管理し、容量無制限を実現しています。

クラウドSIMサーバーは

大手キャリアからSIMを大量に仕入れ、そのSIMをクラウドSIMサーバーに全て入れます。

 

下記のようなSIMカードを

大量のSIM差込口があるクラウドSIMサーバーに全て挿入

クラウドWi-Fiは、このクラウドSIMサーバにアクセスし、通信のやり取りを行っています。

ですが、あくまでソフトバンク側から提供されているSIMは大容量SIMです。

ある程度の容量が通信されれば、通信制限になります。

 

ですが、クラウドSIMサーバーは、そうなった場合クラウド上でSIMを切り替えることが出来ます。

大量に挿入されたSIMの中に通信制限されていないSIMがあるので、すぐにそちらに切り替える事が出来ます。

  1. 大容量SIMを通信制限まで使い切る
  2. 使い切ったSIMは切り捨て、使われていないSIMにクラウド上で切り替える

上記を繰り返すことにより、クラウドSIMで無制限Wi-Fiを実現しているわけです。

どんなときもWi-Fの受付停止 その理由

今までこのクラウドSIMとクラウドSIMサーバーにより、問題なく通信無制限を実現できました。

しかし、ここ最近事情が変わってきました。

 

まず、どんなときでもWi-Fiの提供が停止されました(2020年4月3日から)

どんWi-Fi側は、クラウドSIMサーバーの問題やテレワークによる需要増によって提供が難しいと記載されています。

ですが、実際のところは違うようです。

 

どうやらSIM提供側であるソフトバンクが提供SIMに規制を開始したようです。

事情が変化 ソフトバンク側が規制を開始

クラウドSIMサーバーによって、無制限Wi-Fiを実現しましたが。

この使う方は、ソフトバンクからすると規定外の使い方だったようです。

あくまで「大容量SIM」を他社より安く提供していただけで、無制限SIMを提供してはいません。

 

ですが、CMを見ればわかりますが。

どんなときでもWi-Fiは、大規模なCMを放送し、ユーザー数は急上昇。

自宅で光回線の代わりに使う人が増え始めました。

最後のトドメが、コロナウイルスによる影響によるテレワークの普及です。

その結果、通信量は増大。ソフトバンク側としては、我慢の限界だったのか。

 

ソフトバンクからSIMの提供を停止されてしまったようです。

新たにSIMが提供されなければ、無制限Wi−Fiの維持は無理です。

そのため、現在ではどんなときもWi-Fiの新規受付は完全に終了しているわけです。

ソフトバンクの規制 他社の大容量SIMやルータにも波及

この影響は、どんなときでもWi-Fiだけでは収まりませんでした。

fuji-wifiのような大規模に宣伝していない大容量ルータを提供している会社にも、同じように制限がかけられたようです。

 

事実、クラウドプラン(無制限)は廃止されました。

また、大容量SIM(ルータ)も最大200GBまでになりました。

それ以上のプランは存在しなくなり、事実上無制限Wi-Fiは無くなりました。

現在クラウドSIMを提供している会社も時間の問題

有名どころではない会社では、未だに無制限Wi-Fiを提供している会社はあります。

ですが、そのような会社も提供廃止は時間の問題です。

  • 無制限Wi-Fiを提供している事に人が殺到
  • 極端な通信量を利用するユーザーが増える

どんなときもWi-Fiのように結果的にソフトバンクに目を付けられ、通信制限やそもそも会社にSIMが提供されなくなる可能性があります。

 

事実、Mugen WiFiも同じタイミング(2020年4月10日)で新規受付を停止しています。

今回のような事例は、どんなときもWi-Fiだけの問題ではなく、クラウドWi-Fiであれば起こりうる事例なのです。

4月以降のどんなときでもWi-Fiの評判

新規停止されてしまっても、契約済みなら問題なく通信出来るかと思えば、そうではありません。

下記のユーザーのように、既存ユーザーも速度低下が深刻です。

何故なら、通信量が増えてもSIMの新規が調達出来ないからです。

SIMを新規調達出来なければ、クラウドWi-Fiは速度制限のかかっていないSIMが少なくなり、結果下記のように使い物にならなくなります。

結論 固定回線の代わりで使うといつか痛い目を見る事に

特にテレワークは、致命的です。

使用し始めは快適につかえても、キャリア側が速度制限やSIM調達を停止させれば。

突然速度が遅くなり、テレワークで使い物にならなくなる可能性があるからです。

そうなった場合、もちろんテレワークを利用する仕事も一切できなくなります。

 

もちろんすぐ郵送して使える無制限Wi-FIは、使い勝手は良いです。

突然テレワークが必要になった場合、回線工事が必要な固定回線をすぐに入れるのは難しいでしょう。

ただし、あくまでも緊急用として見るべきで、同時に光回線に申し込むことが大切です。

仕事が突然出来なくなる場合を考えると、無制限Wi-Fiを長く使うのはリスクの塊です。

NURO光(独自光回線)を利用してみませんか

NURO光の特徴

  • SONYグループであるSo-netが提供する独自光回線
  • 独自光回線のため、フレッツ光が遅い地域でも高速で快適
  • 最大速度2Gpbsの光回線          (フレッツ光は最大速度1Gbps)
  • Wi-Fi 永年無料                 (11ac 最大速度1300Mbps)
  • スマートフォンのような通信制限は一切なし(通信無制限)
  • 戸建てもマンションも対応         (業界初の8階まで)

 

NURO光の速度を実際に測定した結果(2020年5月計測)

  • ダウンロード速度:946Mbps
  • アップロード速度:837Mbps
  • PING測定値    :4ms
ニューロ光 実測・応答速度結果 2020年5月ニューロ光 実測・応答速度結果 2020年5月

PS4のゲーム本体ダウンロードで高速回線を実感

  • PS4でフロム・ソフトウェアの「bloodborne」をダウンロード
  • ゲームソフト本体を10分でダウンロード(本体容量 33GB)
  • この速度で、NURO光は速度制限、速度規制一切なし

その上NURO光では、市販ウィルス対策ソフトのカスペルスキーが永年無料

コミコミで月額4742円。1日分で換算すると、152円で利用できます

そんなNURO光ですが、申し込む前に待ってください

申し込む前にこんなことを疑問に思いませんか

  1. どこがお得な申し込み方法かわからない
  2. 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた
  3. キャッシュバック条件が複雑でわかりにくい

NURO光の申し込みが失敗しないように、下記にて詳しく各種申し込み方法を解説します

NURO光 期間限定の申し込みキャンペーンを徹底比較

そもそもNURO光がどんな回線かわからない方

NURO光の特徴やメリットを、当サイトのトップページにて詳しく説明してます

NURO光の実測や評判は?トップページ