NURO光では無線LAN本体は、ONUに内蔵されています。

ただし、パソコンで無線LANを利用するためには、無線LAN子機が必要になります。

ノートPCの場合は、特に追加機器が必要なくそのまま利用できる場合もあります。

が、それは下記のような無線LANモジュールがノートPCの中に内蔵されているため、Wi-Fiが利用できるからです。

無線モジュールが内蔵されていないパソコンは、USBタイプの無線LAN子機を購入し装着することでWi-Fiによるインターネットが可能になります。

無線LAN対応のパソコンか

まず、デスクトップタイプのパソコンはまず無線LANモジュールは内蔵されていないと思った方が良いです。

基本的に有線LAN前提で使うように設計されているからです。

ですが、部屋の構造上どうしても無線LANが使いたい場合は、USBタイプの無線LAN子機を使うことによりWi-Fiでネット接続することが出来ます。

ただし、パソコンでネット対戦のゲームを行いたい場合(ゲーミングPC)は、有線LAN接続をオススメします。

Windowsタブレットは、無線LANモジュールが内蔵されているため、そのままWi-Fiを利用することが可能です。

ノートPCは、昔は無線LANモジュールが内蔵されていないタイプも存在しましたが、現在はどんな安価なノートPCでも無線LANモジュールが内蔵されています。

無線LANモジュールが内蔵されているが、型落ちタイプの場合

元々無線機能がついているノートPCでも、内蔵されている無線LANモジュールが古い規格の場合、速度が出ません。

新しい規格であればあるほど、速度が出るからです。

ただし、新しいパソコンであっても、無線LANモジュールが新しい規格であるとは限りません。

安価なノートPCは、古い規格の無線LANモジュールを利用してコストダウンを行っている可能性があります。

ゲーミングPCで無線LAN接続(Wi-Fi)をオススメしない理由

ゲーミングPCを購入して、Wi-Fi接続しようとしても接続出来ない。

そんな話をちらほら見かけますが、せっかくゲーミングPCを買ったのであれば、長いLANケーブルを購入して有線LAN接続をオススメします。

配線の問題で躊躇してしまう気持ちもわかりますが、高速なNUROを利用してゲーミングPCをWi-Fi運用は非常に勿体無い使い方だからです。

NURO光の有線LAN接続の利点としては

  1. 最大速度2Gbps回線のため、大容量ゲームのDLでも非常に苦もなくダウンロード出来る(例えばSteamで配信されているFallout4は27GBあります)
  2. 回線そのものが安定しており、Ping(応答速度)が速い

ですが、Wi-Fi接続してしまうと、上記の利点が生かされなくなります。

Wi-Fi接続に変えるデメリット

  1. 有線LAN接続では速度800~900Mbps出る環境でも、適切な無線LAN子機を購入してWi-Fi接続をしたとしても、500Mpbs程度まで落ちる可能性(親機から子機まで離れれば、減速はこれ以上に大きくなります)
  2. Ping(応答速度)が近所宅の無線LAN機器の干渉により、悪化・不安定になります。

上記デメリットは、あくまでもゲームをする場合のデメリットであり、通常利用では問題ないレベルです。

例えば、ブラウザでネットサーフィンするならば、500Mbpsでも非常に高速で快適に利用することが出来ます。

動画を見るにも苦になりません。

また、Pingの影響もネットサーフィンではそこまで重視されるものではありません。

あくまでもゲーミングPCに対しての話になり、一般的な使い方であればWi-Fiは簡単に繋げて非常に便利なものです。

NURO光向け 無線LAN子機一覧

NURO光は他社に比べても、非常に高速な通信が可能な光回線サービスです。

ですが、適切な機器を購入しないと家庭内の機器がボトルネックになり、速度が発揮出来ない場合があります。

幸い無線LAN親機(ONU)は、無料で利用可能な上に、最新規格(11ac規格 最大1300Mbps対応)のため、購入する必要はありません。

ここで適切な製品を選ぶべきは、無線LAN子機となります。

USB2.0のみ対応PC向け または安価に(または古いパソコンで)速度を伸ばしたい

USB差込口が下記のようなタイプ(USB2.0)の場合や

USB2.0差込口
USB2.0差込口

あまりお金は出せないが、最低限の速度アップを図りたい場合。

最新規格である11ac対応品で、一番遅いモデルを選ぶことになります。

最大速度は433Mbpsとなり、使用電波周波数は5Ghzとなります。

Archer T1U(アンテナ内蔵タイプ 433Mbps)

小型タイプの無線LAN子機。

11acタイプでは一番小さなサイズで、突起が邪魔にならず装着出来ます。

大きな子機では持ち運ぶ時に外す必要がありますが、このタイプでは装着したままで問題ありません。

なお、注意点として、2.4Ghz帯はこちらの子機では対応していません。

5Ghz帯のみの対応となります。

  • 速度は433Mbps (1ストリーム)
  • 5Ghz帯のみ対応 2.4Ghzへの切り替えは出来ない
  • 内蔵型アンテナのため、受信感度はそれなり(1階から2階に飛ばす場合は速度が出ない場合も)
  • USB2.0でも利用可能
  • 対応Windows  WindowsXP / 7 / 8.1 / 10
  • 対応MacOS Mac OS X  10.7-10.10
  • 3年保証
WI-U2-433DMS(アンテナ内蔵タイプ 433Mbps)

Archer T1Uと同じく小型タイプの無線LAN子機です。

Archer T1Uと違うのは、2.4Ghz帯に対応している点です。

ビームフォーミングにも対応していますが、NURO光のONU(無線LAN親機)は対応していないので、利用できません。

  • 速度は433Mbps (1ストリーム)
  • 5Ghz帯と2.4Ghz帯 両対応
  • 内蔵型アンテナのため、受信感度はそれなり(1階から2階に飛ばす場合は速度が出ない場合も)
  • USB2.0でも利用可能
  • ビームフォーミング対応
  • 対応Windows  Windows7 / 8.1 / 10
  • 対応MacOS Mac OS X  10.7-10.10
  • 1年保証
WI-U2-433DHP(高感度アンテナ搭載タイプ 最大速度433Mbps)

上記2製品とは違い、可動式の高感度アンテナを搭載しています。

2階など電波が届きにくい場所に適しており、受信感度も非常に良いです。

ただし、Amazonの評価を見る限り、可動部分が折れやすいようなので、動かす場合は注意が必要です。

  • 速度は433Mbps (1ストリーム)
  • 5Ghz帯と2.4Ghz帯 両対応
  • 高感度アンテナ搭載
  • USB2.0でも利用可能
  • ビームフォーミング対応
  • 対応Windows  Windows7 / 8.1 / 10
  • 対応MacOS Mac OS X  10.7-10.10
  • 1年保証
ANEWKODI(ハイパワーアンテナ搭載タイプ 最大速度433Mbps)

メーカーはAmazon以外では聞いたことないですが、安価でハイパワーアンテナ搭載製品となります。

Amazonの評価も良く、安く済ませたい場合には良い製品です。

  • 最大速度は433Mbps (1ストリーム)
  • 5Ghz帯と2.4Ghz帯 両対応
  • ハイパワーアンテナ搭載
  • USB2.0でも利用可能
  • 対応Windows  WindowsXP / 7 / 8.1 / 10
  • 対応MacOS Mac OS X  10.7-10.10
  • 1年保証

USB3.0用 USB子機

上記で紹介した製品より速いタイプは、全てUSB3.0に対応したUSB差込口でなければ、利用出来ません。

USB2.0とは違い、USB3.0は差込口が青色なのが特徴です。

USB3.0差込口
USB3.0差込口

もし全てのUSB差込口に青色のUSB差込口がない場合、下記製品は使えませんのでご注意ください。

Archer T4UH (ハイゲインパワーアンテナ搭載 最大速度833Mbps)

最大速度が867Mbpsの無線LAN子機です。

対応USBは3.0からとなります。

最大の特徴は、ハイゲイン(利得)性能が高いアンテナを2本搭載している点です。

また、延長USBケーブルが付属しているため、受信環境が良い場所にアンテナを移動することが可能です。

433Mbps対応USB子機と比べても、あまり値段が変わらず安価に購入することが可能です。

  • 最大速度は867Mbps (2ストリーム)
  • 5Ghz帯と2.4Ghz帯 両対応
  • ハイゲインの外部ハイパワーアンテナ搭載
  • USB3.0のみ対応
  • 対応Windows  WindowsXP / 7 / 8.1 / 10
  • 対応MacOS Mac OS X  10.7-10.10
  • 3年保証
WF-R12  (内蔵アンテナタイプ 最大速度1300Mbps)

USB子機で現時点(2017年)ではあまりない、1300Mbps対応のUSB子機です。

NURO光の無線LAN親機が1300Mbps対応品なので、NURO光のWi-Fiを最大限に活かすのであれば、こちらの製品をオススメです。

デメリットとしては、とにかく大きいです。

横幅が大きいので、隣接するUSB等の差込口は物理的に塞がれ使えなくなります。

延長ケーブルは付属していませんし、速度を最大限に活かすのであれば、別途購入もオススメしません。

そもそもUSB規格には延長という概念がないため、延長ケーブルそのものが規格外品です。

利用した場合、速度が落ちる可能性があります。

こちらの商品を利用するのであれば、直差しをオススメします。

  • 最大速度は1300Mbps (3ストリーム)
  • 5Ghz帯と2.4Ghz帯 両対応
  • 内蔵アンテナ
  • USB3.0のみ対応
  • 対応Windows  WindowsXP / vista / 7 / 8.1 / 10
  • 対応MacOS Mac OS X  10.7-10.10
  • 24ヶ月保証

デスクトップ向け(型番PCE-AC68 最大速度1300Mbps)

メーカーサイト (ASUS)

拡張性があるデスクトップPCで、最大限に速度を伸ばすためにオススメの製品です。

非常に大きなアンテナに、シールド性能が高いケーブルが付属されており、USB子機とは比べて物にならないほどの性能を持っています。

最大の注意点として、接続方法がUSBではありません。

PCI Express接続のため、パソコンのケースを外しパソコン内部に接続するタイプとなります。

いわゆる自作をお得意としている方なら簡単な作業ですが、接続方法がわからない場合はUSB子機にした方が無難です。

  • 速度は1300Mbps (3ストリーム)
  • 5Ghz帯と2.4Ghz帯 両対応
  • SMAアンテナ搭載
  • PCI Express接続
  • 対応Windows  WindowsXP / 7 / 8.1 / 10
  • 対応MacOS Mac OS X  10.7-10.10
  • 1年保証