So-net

NURO光の運営会社は、So-netがサービス運営を行っています。

ただし、この名称は実は旧称であり、2018年現在はソニーネットワークコミュニケーションズになっています。

(2016年6月に社名変更)

インターネットに詳しくない方にとっては、So-netよりSONYの名前をつけた方がわかりやすいと判断なのでしょうか。

正直長い名前なので、一般的に使われている場面はあまり見かけません。

このサイトでも、ソニーネットワークコミュニケーションズとは記載せず、So-netで統一しています。

ソニーとの関係

So-netは、ソニーのグループ会社です。

ソニーの公式サイトにも、ソニーネットワークコミュニケーションズがしっかり記載されています。

関連会社一覧(連結子会社)

https://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/Subsidiaries/

NURO光の光回線は独自回線

光回線には有名所で以下のようなサービスが存在します。

・NTTのフレッツ光

・ドコモ光などの光コラボ(光コラボレーション)

・auひかり

NURO光は、上記の光回線サービスとは全く関係のない独自の光回線サービスです。

では独自回線のメリットは、何なのでしょうか。

独自回線のメリット

回線が混雑しにくい

独自回線は、回線がしにくいです。

では、何故独自回線では混雑しにくく、フレッツ光やドコモ光は混雑するのでしょうか。

その理由の一つは、NGNを経由するか、しないかの違いです。

 

NGNとは(次世代ネットワーク)と呼ばれています。

NTTグループの光回線サービスを利用する場合、内部的に必ず接続しなくてはいけないのがこのNGNです。

ですが、このNGNに接続するためには、NTT内に設置されている網終端装置を経由する必要があります。

ですが、この網終端装置。恐ろしく混雑しており、光回線の速度低下の原因となっています。

その結果、光回線でありながらLTEより遅い実測1Mbps程度という結果に繋がっています。

 

NURO光は独自回線です。

NTTのNGNを経由することはありません。

また、混雑している網終端装置を経由してインターネットに繋げることもありません。

結果、NURO光ではフレッツ光やドコモ光にあるボトルネックがなく、快適な速度が実現されているわけです。

独自回線であれば、高速化に対応する設備を独自に入れられる

フレッツ光やドコモ光など、NTT系光回線は、NTTが決めた規格でしかサービス提供することが出来ません。

NTTでは、下記の規格の設備機器が利用されています。

  • 1Gbpsの光回線(最大速度1GbpsのGE-PONという規格設備)

 

例えばの話ですが、あるプロバイダが1Gbps以上のサービスを行いたいと考えます。

ですが、NTT系光回線を利用している限り、GE-PONという規格に対応した設備しか利用できません。

勝手に設備を変えることはできませんので、特別に速い回線でサービス展開することは不可能です。

 

一方、独自回線であるNUROは、光ファイバーこそレンタルですが、接続する機器や事業者に設置されている設備は独自に選ぶことが可能です。

そのためNURO光では、国際電気通信連合電気通信標準化部門で標準化されている下記の規格が利用されています。

  • 2Gbpsの光回線(最大速度2GbpsのG-PON)

なお、厳密に言えばG-PONの最大速度は2.4Gbpsです。

つまりNTT系光回線に比べて2倍以上の速度を、独自回線によってNURO光は実現しています。

プロバイダを選ぶ必要がない

NTT系光回線であるフレッツ光やドコモ光は、複数のプロバイダから一つ選ぶ必要があります。

ですが、正直どのプロバイダが良いのか詳しい人でない限り、全くわかりません。

どのプロバイダも問題なく使えるのであれば、こんな問題で悩むことはないのでしょうが。

実際問題として、安易に値段や有名さで選んだ結果、混雑していて夜の時間帯は使い物にならないなんてことは、よくある話です。

 

もちろんプロバイダを変えれば改善される可能性もあります。

ですが、プロバイダによっては2年以内の解約で解約金が請求されることもあります。

例としてOCN光は

  • 2年以内解約1,1000円請求されます
  • またスマホと同じように更新月が設定されており、更新月が過ぎた場合、2年以上でも解約金が請求されます

ですので、失敗だからといってすぐにプロバイダを変えるにもリスクがあるわけです。

解約金を払って他に移っても改善する確約もありませんし、プロバイダ選びは本当に難しい問題です。

 

一方、NURO光はSo-netが提供しているサービスですので、プロバイダも選ぶ必要がありません。

NTT系光回線とは違い、プロバイダというものを意識することもなく、NURO光回線を利用できます。

月額料金もプロバイダ料金コミコミのため、追加料金もかかりません。

 

プロバイダを選べないというデメリットもあるにはあります。

が、そもそも混雑して使い物にならないという状況がないため、変更する必要性がありません。

ユーザーからも満足度が高く、評判の高い光回線であり、プロバイダでもあるからです。

NURO光(独自光回線)を利用してみませんか

ニューロ光 実測・応答速度結果 2018年8月
ニューロ光 実測・応答速度結果 2018年8月
ニューロ光 実測・応答速度結果 2018年8月

速度測定サイトで、「919Mbps」の速度を記録。下記サイトで自宅の速度と比較してみましょう。

 

最大2Gbps回線でも十分速いNURO光

そんなNURO光をお得な方法で申し込みたい

ですが、申し込む前にこんなことを疑問に思いませんか

  • どこがお得な申し込み方法かわからない。
  • 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた。

 

NURO光の申し込みが失敗しないように、詳しく各申し込み方法を解説します。

NURO光 期間限定の申し込みキャンペーンを徹底比較

そもそもNURO光がどんな回線かわからない方は

NURO光の全てを当サイトのトップページにて詳しく解説していますNURO光の実測や評判は?トップページ