屋外工事の遅延が多いのはNTTのせい

NURO光を利用するためには、工事が必要です。

ですが、NURO光は比較的すんなり開通工事が終わることもあれば、なかなか工事日程が進まない時があります。

それは何故でしょうか。

 

まず、NURO光の工事は2回行う必要があります。

では、何故2回行う必要があるのかというと、NTTが関連しています。

 

NURO光が利用する光ファイバは、NTTから貸し出されている光ファイバ(ダークファイバ)を利用します。

そのNTTが保有している光ファイバは、NTTの管理になっています。

NTT保有であり、管理されている光ファイバですので、、NURO光を運営しているSo-netが、勝手に自宅まで光ファイバを引き込むわけにはいきません。

そのため、So-netがいくら開通を早めたくても、NTT次第では工事の日程がなかなか決まらないのが現状です。

NTT側の都合で工事遅延が発生

NTT側も自社で提供しているフレッツ光や光コラボ(ドコモ光など)があり、同じようにユーザーの自宅まで光ファイバを引き込む工事を行います。

では、もし同時期に引き込み工事の予約が入った場合、どちら優先されるのか。

もちろんNTT自社のサービス(フレッツ光や光コラボ)が優先されるわけです。

結果、NURO光側はユーザーに早く開通させたくても、NTT側の都合で遅延させられるわけです。

自社で光ファイバを敷設出来ない事情

では、何故NTTのダークファイバを利用する必要があるのか。

Sonyのグループ会社であるSo-netが、自社で光ファイバを敷設すれば、開通工事も自社で行えるはずと考える人もいるかもしれません。

ですが、全国的に光ファイバを敷設しているのは、日本国内ではNTTのみです。

あのauひかり(KDDI)でさえ、自社で敷設している光ファイバは一部に限られています。

そのため、KDDIの光ファイバが敷設されていない場所は、NURO光のようにNTTのダークファイバを借りているのが現状です。

NURO光開通までの代わりになるネット手段

NTTの影響のせいでありますが、現実問題として、NURO光開通まで時間がかかる可能性があります。

開通までの間に、代替えのインターネットアクセス手段が必要です。

そういった方々が利用しやすい回線は、どんな手段があるでしょうか。

UQ mobileのWiMAX2+ ワイモバイルのモバイルWiFi

2年縛りが前提の契約のため、オススメ出来ません。

12ヶ月以内だと2万円以内解約金

13ヶ月~24ヶ月以内だと、14,000円の解約金がかかります。

月額料金もNURO光並みの5000円近いです。

とてもじゃないですが、割にあわないのでオススメ出来ません。

また、3日間で10GBを超えた日の翌日から通信制限がかかります。

そのため、固定回線のような動画を見たりと自由な使い方は、まず無理です。

ADSL

アナログの従来の電話回線を利用して、インターネットに接続する方式です。

基本的に固定電話が使える環境であれば、一週間もかからず利用できる固定インターネットです。

デメリット

  • 速度が遅い(1〜5Mbpsと、LTEより遅い)
  • 2年以内で解約すると、解除料9,500円

ただし、月額料金が1801円(キャンペーン中であれば1,265円)と非常に安いです。

速度は遅いですが、NURO光と同じようにいくら動画をみようが、速度制限にはかかりません。

解除料前提であれば、選択肢としてありかもしれません。

【Yahoo! BB ADSL】

レンタルWi-Fi

短期利用前提であれば、レンタルWi-Fiという選択肢があります。

CMで流れているイモトのWi-Fiのような海外向けではなく、日本向けのものも存在しています。

 

・日数によって料金が変わるタイプ

・月レンタルのタイプ

等のタイプがあり、WiMAX2+のような2年縛りはありません。

そのため、使った日数、月数の料金を払うだけです。

 

また、無制限タイプのレンタルWi-Fiもあります。

無制限タイプでは、UQ mobileやワイモバイルより制限がゆるいため、モバイルWi-Fiと意識せず利用することが可能です。

ただし、無制限タイプにも2つあり

  • 無制限(キャリアと同じ規制 3日間10GB使うと夕方から夜の間は速度が1Mbpsに規制される)
  • 無制限(100GB以上使わなければ、特に規制はかからない)

無制限という記載にも注意が必要です。

 

レンタルWi-Fiのメリット、デメリットは以下のようになっています。

メリット

  • 解約金は発生しません
  • 返却日前であれば、延長することが可能

NURO光が開通するまでの間、延長しながらレンタルWi-Fiを利用して開通待ちすることが可能

デメリット

  • モバイルWi-Fiとしては、比較的高めに設定しているところが多い
  • 返却日には、必ず返却すること(延滞料金がかかる)

UQ mobileやYmobileに比べて、やはり殆どのレンタルWi-Fiは、値段が高めに設定されています。

Wi-Fiレンタルどっとこむ

一ヶ月間、税込み5290円円で利用可能。

楽天でレンタル出来るレンタルWi-Fiです。

一応無制限Wi-Fiではありますが、100GB以上の通信はキャリア側から通信制限になるようです。

よっぽどタフな使い方をしなければ、100GB以上使うようなことはないので、動画を気軽に見たい方には良いかもしれません。

Wi-Fiレンタルどっとこむ

SPACE Wi-Fi

税抜き 月額料金3,480円

サイト内には民泊Wi-Fiと記載されていますが、一般の方も問題なく利用できるようです。

ただし、こちらのWi-Fiは、UQ mobileやYmobileと同じように3日間10GB以上使うと、通信制限(1Mbps)になるようです。

サイト内では無制限と記載されていますが、注意が必要です。

この条件で問題なければ、レンタルWi-Fiの中では安いレンタルWi-Fiではないでしょうか。

SPACE Wi-Fi

NOZOMI WiFi

税抜き 月額料金3980円から

クラウドSIMを利用したレンタルWi-Fiです。

  • 100GBプラン
  • 200GBプラン
  • 無制限プラン

のプランがあるようです。

ただし、速度制限があるようで、24時間以内に10GB以上使った場合、翌月9時まで128kbpsまで制限されるようです。

値段は比較的安価ですが、速度制限時の速度が他のレンタルWi-Fiより遅いです(キャリアの速度制限と同じ)

NOZOMIWiFi