IEEE 802.11axとは

IEEE 802.11axは最新の規格であり、最大速度は9.6Gbpsと非常に高速な無線規格です。

ただし、11acも最大速度は6.9Gbpsであり、実際に6.9Gbpsに対応している製品で通信している人は、ほぼいません。

(スマホに至っては、殆どが11acの最大速度433〜866Mbpsで通信しています)

その上実測は、通信環境によって変動するため、あくまでも最大速度はスペック上のものです。

 

IEEE 802.11axの利点は、最大速度より

  • 2.4Ghzと5Ghz 両対応(11acでは5Ghzのみだった)
  • 複数台のアクセスポイントを利用して通信可能
  • 同一周波数の電波を複数のスマートフォンなどの子機が利用可能に

自宅で使うなら、基本的に電波が飛び交うマンションでスループットが上がる規格です。

 

例えばスマホでWi-Fi設定を行うとき、色々な複数のWi-Fiネットワークが表示される場合があります。

  • 外であれば、駅構内
  • 屋内であれば、部屋が隣接しているマンション等集合住宅

左はiPhoneのWi-Fi設定 右がAndroidのWi-Fi設定

複数のWi-Fiスポットが表示されています。

こういった環境では、電波が混雑状態であり、Wi-Fi通信環境としては最悪です。

 

基本的に複数の電波(チャネル)を利用して、速度向上を行うわけですが、この環境では複数の電波が利用できません(結果速度も遅くなる)

むしろ空きの電波がない場合、利用する予定の電波が空くまで待機状態になり、遅延の原因にもなります。

 

IEEE 802.11axであれば、同一周波数を利用して複数の端末が同時通信することが可能です(OFDMA:直交周波数分割多元接続)

2.4Ghzと5Ghzの空き周波数を利用して、複数端末が安定した通信を行えるのがIEEE 802.11axの特徴です。

2018年10月追記  IEEE 802.11axの新たな名称「Wi-Fi 6」

2018年10月3日、無線LAN標準化団体のWi-Fi Allianceが、IEEE 802.11ax の無線LAN規格の新たな名称を発表しました。

新しい名称は「Wi-Fi 6」になります。

Wi-Fi6
Wi-Fi6

確かに今までの無線LAN規格名「11ax」より、ナンバリングになり単純でわかりやすいのは間違いありません。

また、一般ユーザーには、無線LANや11acのような規格名称より、Wi-Fiの名称の方が浸透しています。

今回の新しい名称であれば、Wi-Fiのバージョンが6なんだと認識出来、今まで以上にわかりやすくなるものと思われます。

 

なお、古いWi-Fi規格も入れた名称は、以下のようになります。

  • 「802.11ax」→「Wi-Fi 6」
  • 「802.11ac」→「Wi-Fi 5」
  • 「802.11n」→「Wi-Fi 4」

次世代Wi-Fi「IEEE 802.11ax」は「Wi-Fi 6」に、「n」は「4」、「ac」は「5」に──Wi-Fi Alliance (IT media)

IEEE 802.11ax 対応していなければ宝の持ち腐れ

ただ、そんなIEEE 802.11axを利用したい場合には、注意が必要です。

基本的にWi-Fiで最高速度を出したい場合、Wi-Fiの最新規格を利用して通信する必要があります。

ただし、Wi-Fiの最新規格を利用して通信する場合、条件があります。

それは、親機と子機が両方共、最新規格に対応している必要があります。

例えばIEEE 802.11axの場合

  • 親機:ホームゲートウェイ(ONU)もしくは無線LANルータが、IEEE 802.11axに対応している
  • 子機:クライアント(スマートフォン・タブレット・ノートPC)が、IEEE 802.11axに対応している

つまり、どちらもIEEE 802.11axに対応していなければ、IEEE 802.11axを利用して通信することは出来ません。

11axで通信出来ない例
11axで通信出来ない例

例えば

  • 仮にルータ(親機)がIEEE 802.11ax(最大速度 2.4Gbps)に対応
  • スマホ(子機)がIEEE 802.11ac(最大速度866Mbps)にしか対応していなかった場合

11axでは通信出来ず、11acになります。

また、最大通信速度は、遅い子機側の最大通信速度しかでません。

この条件では最大速度は866Mbpsとなるわけです。

 

このように、いくら親機が高性能だとしても、子機が対応していなければ、意味がなく宝の持ち腐れとなってしまいます。

IEEE 802.11axの対応機種(子機:スマホ・タブレット・パソコン等のクライアント側)

では、IEEE 802.11axの対応機種は現在あるのかというと

 

クライアント側の製品は、2018年11月現在、製品として存在しません。

 

そのため、現状ホームゲートウェイ(ONU)がIEEE 802.11axに対応していても、クライアント側が対応していないため、実質最新規格を利用して通信することは出来ないわけです。

一応クライアント側の対応製品がなければ、親機と親機で通信させることにより、パソコンではIEEE 802.11axで通信することが可能です。

ただ、IEEE 802.11axの親機は値段が高く、そもそも国内では2018年6月現在では発売されていません。

 

クライアント側のIEEE 802.11ax対応チップセットが出荷され、製品として出てくるのは2018年秋頃と言われています。

ただ、仮に製品が出たとしても出荷される製品は、殆どがPC向けだと思われます。

Androidの製品は、早くても冬の最新高スペック機種のみ。

iPhoneは、最新機種発売が秋の予定ですので、無理して乗せるとしたら秋になるかもしれません。

ただ、いきなり出荷直後のチップセットを入れるのはリスクがありますので、来年のモデルになる可能性もあります。

新型iPhone XS, iPhone XS Max,  iPhone XR, Wi-FiはIEEE 802.11axに対応せず

新型iPhoneが発表されました。

名称は「iPhone XS」と「iPhone XS Max」「iPhone XR」となっています。

iPhoneXSは11axには未対応
iPhoneXSは11axには未対応

https://www.apple.com/jp/iphone/

今回、新しいWi-Fi技術である11axが新型iPhoneに搭載されるのではと、一部で噂されていましたが。

実際にWi-Fiのスペックを公式サイトで確認してみると、3機種すべて

  • 2×2 MIMO対応802.11ac Wi‑Fi

と記載されており、旧端末であるiPhoneXとiPhone8と変わっていないことを確認しました。

(11ac対応 2ストリーム 速度867Mbps iPhone8と同スペック)

つまり、仮に新型iPhoneを買ったところで、11axに対応していません。

そのため、仮に11axの対応無線ルータを購入しても今回のiPhoneでは速度が上がることはありません。

新型SoC「Snapdragon 855」でついに11ax(Wi-Fi6)に対応

Android用SoC「Snapdragon 855」
Android用SoC「Snapdragon 855」

SoCとは、CPUを含むシステムを動かすための集積回路を1チップに収めた物です。

そのSoCの最新SoC「Snapdragon 855」が、2018年12月5日発表されました。

「Snapdragon 855」のスペックが明らかに (ケータイWatch)

Snapdragonは、Androidで採用されているSoCです(iPhone XSのSocは、Apple A12が搭載)

今回発表されたSnapdragon 855は、Androidスマホのフラッグシップ機に搭載されるSoCです。

スペックは処理能力の向上はもちろん。

LTEは最新通信規格である5Gに対応。そして、Wi-Fiでは「11ax(Wi-Fi6)」に対応しています。

 

Snapdragon 855は、まだ発表段階のためスマートフォンとしての製品はまだ出ていません。

2019年には、Androidのフラッグシップ機(一番高価で高性能なスマートフォン)に搭載される予定されています。

ですが、日本のメーカーは現時点では開発表明されておりません。

現段階では、複数の中国メーカーが開発を表明しています。(Xiaomi、ZTEなど)

複数の中国メーカーがSnapdragon 855搭載の5Gスマホの開発を表明(ケータイWatch)

何故中国では最新SoCの対応が早いのか。

中国ではAndroidスマホの競争が激しく、最新SoCをいち早く搭載出来することが競争力に繋がると考えらているためです。

 

なお、今後中国メーカー以外で、Snapdragon 855が搭載されているスマホがいつ発売されるのかは、現時点では全くの未定となっています。

IEEE 802.11axの対応機種(親機:無線ルータ側)

海外製品では、下記の製品が販売されていますが、国内では2018年6月現在では販売されていません。

ASUSの「RT-AX88U」「RT-AX95U」「GT-AX6000」

Arris「NVG578」

D-Link「DIR-X6060

H3C「WA6528

Huawei「AP7060DN

(上記製品は、恐らく国内の技適の審査は受けていないため、国内では利用できません)

クライアント側が、まだIEEE 802.11axに対応していない現状、ルータを国内で売っても需要がないと踏んだのでしょうか。

恐らく2018年秋頃から、少しづつ国内技適マークのついたIEEE 802.11ax対応製品が出荷されるものと思われます。

NETGEARからax対応ルータ発表(2018年11月8日)

2018年11月8日 日本でも無線ルータを発売しているNETGEARからax(Wi-Fi6)対応ルータを発表しました。

スペックはこのようになっています。

Nighthawk AX12

  • IEEE 802.11ax(Wi-Fi6)
  • WPA3(Wi-Fiの新たなセキュリティ規格)
  • 2.2GHzのクアッドコアプロセッサ搭載
  • 5Ghz接続で最大4800Mbps
  • 2.4Ghz接続で最大1200Mbps
  • 5GBASE-T/2.5G/1Gのマルチギガ有線LANポート
  • USB 3.0×2ポート
  • 重量1364g

Nighthawk AX12

  • 5GHz接続で最大4800Mbps
  • 2.4Ghz接続で最大1200Mbps
  • ギガビット対応有線LANポート(リンクアグリゲーション対応のため最大2Gbpsの接続が可能)
  • 重量1281g

AX12がAmazon.comにて399.99ドル(45,526円)で予約受付中です(2018年12月頃発売予定)

予想はしていましたが、やはり値段は高く安いパソコンであれば買える値段です。

また、現在のところ日本向けのものではないようで、国内の技適には対応していないものと思われます(Amazon.comで発売されているものは、日本国内で使用不可)

今後技適対応された日本版が発売される場合、恐らく5万円程度になるものと思われます。

なお、日本国内の販売予定は全く未定です。

NURO光のIEEE 802.11ax対応は?

残念ながら、現在のところ予定されていないようです。

NURO光 10G/6Gのホームゲートウェイ(ONU)は、IEEE 802.11ac/n/a/g/bの最大1700Mbpsを予定しており、IEEE 802.11axには対応していません。

NURO光 10G/6Gの正式サービスインが2018年10月です。

ちょうどIEEE 802.11axの対応チップセットが出荷される時期のため、NURO光のONUに是非IEEE 802.11ax対応して頂きたいところですが。

auひかり 10Gとは違い、ONUの無線LAN利用料はNURO光では無料です。

そのため、ONUに投資できる金額を考えると、最新チップセットをいきなり入れるのは厳しいのかもしれません。

(auひかりでは、ONU利用料は無料ですが、無線LAN利用は月額料金500円毎月かかります)

NURO光に申し込む前に確認 各申込み先キャンペーンを詳しく比較解説

NURO光は、有線接続、Wi-Fiどちらも速いのが特徴です。

ニューロ光 実測・応答速度結果 2018年12月
ニューロ光 実測・応答速度結果 2018年12月

速度測定サイトで、「922Mbps」の速度を記録。下記サイトで自宅の速度と比較してみましょう。

Wi-Fi利用に追加料金不要。

無料で利用可能なWi-Fiで、これだけの速度が出ます(11ac規格対応 最大1300Mbps)

ニューロ光 Wi-Fi実測 2018年12月 計測結果
ニューロ光 Wi-Fi実測 2018年12月 計測結果

スピード測定アプリRBB SPEED TESTで「530Mbps」の速度を記録。

実際にアプリで、スマホのLETや自宅のWi-Fiと比較してみましょう。

RBB SPEED TEST(iPhone用)

RBB SPEED TEST(android用)

有線接続もWi-Fiも速い 2Gbps回線のNURO光

そんなNURO光をお得な方法で申し込みたい

ですが、申し込む前にこんなことを疑問に思いませんか

  • どこがお得な申し込み方法かわからない。
  • 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた。

NURO光の申し込みが失敗しないように、詳しく各申し込み方法を解説します。

NURO光 期間限定の申し込みキャンペーンを徹底比較

そもそもNURO光がどんな回線かわからない方

NURO光の全てを当サイトのトップページにて詳しく解説していますNURO光の実測や評判は?トップページ