RBBTODAYにNURO光のインタビュー記事がありましたので、紹介します。

“世界最速インターネット”のCMでお馴染みの「NURO 光」だが、かれこれサービスインから1年あまり。

そのキャッチコピーは未だ変わらず現役だ。

そんな、国内では唯一の下り最大2Gbpsを実現したFTTHサービスは、一体どのようにして生まれたのか? 現状や今後の展望も含めて、ソネットの取締役 執行役員専務 会田容弘氏に話を聞いた。

http://www.rbbtoday.com/article/2014/05/23/120108.html

 

回線のさらなる高速化を求める声は多かった

光回線を利用している人たちは、実は速度に満足していない、もっと高速な回線が欲しいと思っていた方が多かったようです。

しかし、プロバイダ事業では、回線を高速化することは不可能。

だったら、新しく光回線事業を作ってしまおう。

そのような結果で生まれたのがNURO光のようです。

高層で1年、試験を行うのに1年だったらしいので2年でのサービスイン。

これがサービス開始として、かなりスピーディな結果だと思いますね。

早いタイミングでユーザー数を10万人まで増やすという目標

TVCMでの認知度などの影響により、月間の加入者数は1年で20倍以上に増えているようです。

NURO光は、残念ながら現在関東だけのサービスですが、それでも爆発的に加入者が増えているようですね。

今後もこのペースで増えていけば、他の地域でのサービスインも夢ではない?

ユーザーの方へのアンケートは、満足度8割を超えました

8割はかなりの高満足度ですね。

私自身も使用していて思いますが、インターネット回線は高速であればあるほど間違いなく満足度が上ります。

遅い回線はやはりストレスが溜まりますからね。

ましてや、高いお金を払って光回線を入れたつもりが、あまり速くなかったら、それこそ満足度はかなりダウンしてしまいます。

そういう意味では、NURO光は非常に満足出来る回線だと思いますね。

下り2Gbpsという高速回線をユーザーの方はどのように使っているのか

やはり動画のストリーミング再生やダウンロードが多いようです。

また、複数端末による同時アクセスも余裕を持って回線を使えるので、そこでの満足度も高いようです。

NURO光でPlayStation 4を利用した時のアドバンテージは

一番わかり易いのはゲームやゲームアップデートのダウンロード速度。

プレイ中継を他のプレーヤーに共有する機能がPS4にありますが、NURO光はアップロード速度も速いため、画質の劣化がなく綺麗な映像で共有することが可能のようです。

ソニーグループとの連携は

アクトビラとの連携も視野にいれているとのこと。

宅内工事時に設定を無料で行うことも検討しているようです。

無線LANの11acへの対応は

どうやら検討しているようです。

ユーザーアンケートを見ると、やはりまだまだ高速化を望む人が多いらしいので、是非導入してもらいたいですね。

NURO光に申し込む前に確認 各申込み先キャンペーンを詳しく比較解説

NURO光に申し込むなら、お得な方法で申し込みたい。

しかし、申し込む前にこんなことを疑問に思いませんか。

  • 何処がお得な申し込み方法かわからない。
  • 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた。

NURO光の申し込みが失敗しないように、詳しく各申し込み方法を解説します。

NURO光 申し込みキャンペーンを徹底比較