NURO光 10Gが2015年6月に一部エリアで始まりました。

そして、auひかりまでも一部地域のみですが、10Gが開始されました。

続々と10Gサービスですが、10G光回線には実は大きな問題点があります。

問題点その1 10G対応機器の値段の高さ

現在、利用されているインターネット接続機器の有線接続は、全て最大速度1Gbpsで構成されているます。

  • ONU
  • ルータ
  • ハブ
  • パソコンLAN差込口(イーサネットポート)
  • ゲーム機
  • LANケーブル

そのため、そのままの環境のまま10G光回線を導入しても、最大速度は1Gbpsです。

期待して導入しても、思った速度が出ないということになりかねません。

10G対応機器は高い

では、10G対応機器を購入すれば良いのですが、この10G対応機器が値段が高いのです。

複数のPCを10G光回線に繋げるための機器、HUB(ハブ)の値段が4万円超えが現在は当たり前です。

複数のPCを10Gで接続したい場合に必要なHUB

例えば、下記の製品。

メーカーは、NETGEAR(ネットギア)

アメリカのメーカーで、日本ではそこまで有名ではありませんが高品質なネットワーク製品を販売しています。

製品名は「XS505M-100AJS」値段は47,000程度ですが、これでも安いHUBです。

ポート数は4ポートのみですが、この値段です。

ルータやONUを接続する必要があるため、実質PCが3台接続出来ます。

なお、このHUBより安い「Nighthawk SX10 GS810EMX-100JPS」という製品もありますが、10G対応ポートは2ポートしかありません。

残りの8ポートは1G対応ポートでしかありませんので、10G-LANを複数使いたい場合には、注意が必要です。

XS505M-100AJS
XS505M-100AJS

 

PCを10G化に必須 10G対応LANボード

パソコンを10G対応にするためのLANボードは、一つ1万円以上と高価です。

また、取り付けにはPCの内部に取り付ける必要があります(多少のPC自作知識が必要)

XG-C100C
XG-C100C

2018年現在、最安値の10G対応LANボードは、スマホメーカーとして有名なASUS(エイサス)製品です。

製品名は「XG-C100C」値段は13,000円程度になっています。

これでもLANボートの方が安くなっており、NURO光10Gが始まった2015年頃の10G対応LANボートは、5万円台でした。

1G対応LANボードは、それこそ1000円代で買えるものですので、特に高価に感じるはずです。

ですが、高速化に伴うチップの高さと処理能力の高さによる熱対策が必要のため、これだけ高価なのです。

実際に製品を見て頂ければわかると思いますが、全面ヒートシンク(熱伝導率が高い金属で放熱を促すもの)で覆われています。

1G対応LANボードでは、ありえないことです。

 

今後、10G回線が広がることにより、製品が売れることによって

  • 量産化による低価格化
  • ライバル製品登場による価格競争(現在、非常に製品が少ない)
  • チップの微細化

により、価格の高さや熱対策の問題は解決されるはずです。

10G対応LANケーブル

LANケーブルは、家電量販店では恐ろしく高いですが、Amazonなどのネットショップでは安い製品があります。

基本的に「カテゴリー7 LANケーブル」or「CAT7ケーブル」と記載されている製品を購入すれば、問題ありません。

一応カテゴリー6eでも10Gに対応していますが、6eと7ではそこまで値段は変わりません。

そのため、せっかくならノイズ対策が特に重視されているカテゴリー7を購入すべきです。

但し、何度も言いますが、家電量販店ではとたんに値段が跳ね上がるので購入はオススメしません。

ノートPC向けの10GLAN対応製品

2018年、現在のところノートPC用の10G対応LANは存在しません。

1G対応LANでは

  • LANアダプタ(USBタイプ)
  • LANカード
1G-LAN対応のLANUSBアダプタ
1G-LAN対応のLANUSBアダプタ

などがありますが、製品として10G対応品は2018年時点ではありません。

何故存在しないのかというと、

  • チップの小型化
  • 電力消費が高い
  • 熱問題

ノート向けとなると、持ち運びが前提になることが多いため、小型化する必要があります。

ですが、小さいLAN USBアダプタには上記問題が発生するため、なかなか難しいのです。

また、そもそも現時点でそこまで需要があるのかと言われると、ノーと言わざるを得えません。

小さく作ろうと思えば思うほど、値段は高くなりますし、需要がないのであれば、どのメーカーも作ろうと思わないはずです。

 

なお、転送速度に関しては

  • USB-C USB3.1
  • Thunderbolt3  (主にMacに乗っている)

上記規格で10Gに対応しているため、需要が増えていけばノートPC向けも実現可能だと思われます。

(広く利用されているUSB3.0の場合、最大速度5Gbpsのため、仮に製品が出ても半分の速度になります)

エリアの狭さ

10G光回線のもう一つの問題点として、対応エリアの狭さにあります。

NURO10G、auひかり10G共に、エリアとしては非常に狭いです。

  • NURO光 10G:東京都、神奈川県、静岡県、大阪府、兵庫県、奈良県の一部エリア
  • auひかり10G :東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部

対応県内だと期待してエリア検索すると、エリア外と言われてしまうのが殆どです。

 

auひかり 10Gの場合、特にこのエリアが深刻です。

auひかりの場合、電柱を通っている光ファイバーによって、ずっと10G光回線が使えない可能性があります。

何故そのようなことになってしまうのか

auひかりでは、電柱を通っている光ファイバーが

  1. au自社が管理している光ファイバー
  2. NTTが管理している光ファイバーを借りて運用している光ファイバー

この2種類のタイプがあるためです。

10G回線が使えるのは、もちろん1.の自社管理の光ファイバーです。

一方、NTTから借りている光ファイバー(ダークファイバ)では、残念ながら10Gの利用は今後も利用できません。

 

一方、NURO光の場合は、全てNTTのダークファイバを借りて運用していますが、問題なく10G光回線のサービス提供がされています。

エリアの問題は、恐らく需要がない地域に対して10G機器の設備導入はコストに見合っていないと判断されたものと思われます。

実際、サービスが始まってから、10Gエリアの拡大はそこまでありませんでした。

ですが、今回auひかり10Gという競争相手が出現したため、エリア拡大をいち早く発表しました。

上り下りとも10Gbpsの「NURO 光 10G」新プラン、月額5743円で4月上旬受付開始、XGS-PON規格を採用 (INTERNET Watch記事)

提供エリアは当初、関東の一部エリアからとなる。将来的には「現行の10Gが東京都・神奈川県だけなのに対して、新プランでは関東エリアでそれよりやや広めに展開予定」とのことだ。

auひかり 10Gの問題点 光回線撤去費用が28,800円

2018年2月までは、auひかりを解約しても、光ファイバーや光コンセントを残しておく選択肢がありました。

残しておくことに寄って、下記にようなメリットが有りました。

  • 再びauひかりを契約する場合、簡単な工事だけで再びauひかりを利用可能に
  • 撤去費用がかからず、更新月であればお金を払わず解約できる

auひかり ホーム:工事内容(光ファイバー auひかり) (左記リンクのページ下に記載)

光回線工事の際に設置した光ファイバーケーブルおよび光コンセントは、ご利用契約解除後も残置いたします

光ファイバーケーブルおよび光コンセントの撤去をご希望の場合は、撤去工事費10,000円が必要となります)

ですが、2018年3月から状況が変わりました。


なお、2018年3月1日以降にお申し込みのお客さまは解約時には光ファイバー引込設備の撤去工事を行います。

この工事はKDDIが行い、撤去工事費28,800円が発生します。工事の際はお客さまのお立合いが必要です。また、本工事を拒否され、撤去できなかった場合は賠償金を請求いたします。

つまり

  • 光ファイバー及び光コンセントは、必ず撤去が必要
  • 撤去費用が解約時、必ずかかる
  • 撤去費用が、以前に比べて10,000円から28,800円に跳ね上がった
  • 撤去を拒否した場合、賠償金を請求される(かなり高額になると予想される)
  • 途中解約金とは全くの別物 途中解約した場合、解約金+28,800円が必要

つまり、auひかりに加入した場合、28,800円を払うのはほぼ決まっている話になります。

もちろん、一生使い続けるなら別ではありますが。

基本的に更新付きで乗り換えた方がお得なことが多いのですが、これだけ高額だと乗り換えを躊躇するレベルの高さです。

 

何故auは、このような暴挙に出たのか。

実は、auひかりのシェアはここ最近、全く増えていません。

ブロードバンドの加入調査をみて頂ければわかると思いますが、シェアがむしろジリジリ減っています。

ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2017年9月末時点)

「auひかり」等を提供するKDDIグループは、2017年9月末の契約数が393.9万件(シェア13.2%)で前年3月末からシェアを0.1ポイント落とした。他の携帯キャリアによる光コラボ獲得の影響で、拡大傾向に歯止めがかかっている。

何故このようなことになっているのかというと、ドコモ光などの光コラボレーションの影響です。

一時期は光回線とのセットは、auひかりとスマートバリューだけという売りがありました。

ですが、ドコモが同じようなサービスを始めると、新たにauひかりとスマートバリューを始めるユーザーが少なくなりました。

 

そこでドコモ光などのコラボ回線にはない、速度を売りにした新しいサービス「auひかり 10G」を始めたわけです。

ですが、対向価格として月額費用を抑えたたため、長期契約してもらわなければ困るわけです。

そのため、安易にauひかりを解約しないように、値上げした撤去費用が必ずかかる暴挙に出たものと思われます。

 

なお、NURO光(2G)やNURO光 10Gでは、途中解約の違約金はありますが、撤去工事費はありません。

(途中解約の違約金は、フレッツ光、ドコモ光、auひかりなどの会社でもあります)

そのため、更新日が来れば、料金がかからず解約することも可能です。

10G光回線 必要な対応機器と問題点 まとめ

このようにネットワークの10化は、お金がかかります。

主にお金がかかるのが

  • 10G対応HUB
  • 10G対応LANボード

この2つになります。

10G化したいPCが1台のみであれば、HUBは必要ありませんが(ONUのLANポート1つで間に合うため)、それでもLANボードは必須です。

これらの投資を行わないで、10G光回線を契約したのに速度が出ないと文句を言っても、どうにもなりません。

auひかり 10Gには撤去費用もありますので、10G回線を契約する場合には注意も必要です。

NURO光(2G光回線)を利用してみませんか

10GではないNURO光は、最大速度2Gbpsです。

ですが、2G光回線でも他社光回線に比べて実測速度も速いのが特徴です。

ニューロ光 実測・応答速度結果 2018年5月
ニューロ光 実測・応答速度結果 2018年5月

速度測定サイトで、「922Mbps」の速度を記録。下記サイトで自宅の速度と比較してみましょう。

 

フレッツ光の2倍の速度 2Gbps回線のNURO光

そんなNURO光をお得な方法で申し込みたい

ですが、申し込む前にこんなことを疑問に思いませんか

  • どこがお得な申し込み方法かわからない。
  • 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた。

 

NURO光の申し込みが失敗しないように、詳しく各申し込み方法を解説します。

NURO光 期間限定の申し込みキャンペーンを徹底比較

そもそもNURO光がどんな回線かわからない方は

NURO光の全てを当サイトのトップページにて詳しく解説していますNURO光の実測や評判は?トップページ