NURO光

新たな10G/6GをNURO光が発表 XGSPONシステムで

auひかり 10Gが2018年2月8日に発表されました。

その後、NURO光も新たなNURO光 10G/6Gサービスを発表しました。

今回、この新たなNURO光の10G光回線を解説していきます。

当初始まったNURO光 10Gとは違う NURO光 新10G/6G

NURO光 10Gは、2015年6月1日からと随分早い段階でサービス展開されていました。

10ギガ光回線 NURO光でついに始まる

ですが、今回発表されたNURO光 新10G/6Gは、似たようなサービスですが、速度が違います。

2015年から始まったNURO光 10Gは

  • ダウンロード速度は10Gbps
  • アップロード速度は2.5Gbps

アップロード速度が10Gbpsではありませんでした。

 

一方、今回始まったNURO光 新10G/6Gは

  • ダウンロード速度は10Gbps
  • アップロード速度も10Gbps

となり、auひかり 10Gと同じ速度を実現しています。

新PON技術 XGS-PONで上り下り10Gを実現

初期の頃のNURO光 10Gに比べて速度が何故上がったのか。

それは、PONシステムが「XG-PON」から「XGS-PON」に変更されたためです。

 

PONシステムとは、光回線を複数のユーザーで共有システムです。

個人向けの光回線は、基地局から一本の光ファイバーで直接繋がっているわけはありません。

分岐、共有されて利用されています。

このPONシステムの種類によって、光回線の最大速度が変わってくるわけです。

 

今回、変更されたPONシステム「XGS-PON」は、XG-PONの後継技術です。

最終的な仕様が決定されたのが2017年10月と、NURO光 新10G/6Gでは、かなり新しい技術を採用したと言えます。

 

XGS-PONの仕様は、下記の通りです。

  • 最大速度:上り下り共に10Gbps
  • NURO光 2G(G-PON)と重畳可能
  • NURO光 10G(XG-PON)と重畳可能
  • G-PONかXGS-PONへの変更で、PINGが1msほど高速化される

重畳可能とは、同じ光ファイバーに異なる光信号を同時に載せられるため、異なるPONシステムが既に利用されていても、通信が可能になる技術です。

光波長多重通信(WDM)と呼ばれている技術で

 

  • 仮にNURO光2G(G-PON)がとなりの家で利用されていたとしても
  • 同じ光ファイバーを分岐利用して、自宅でNURO光 新10G/6Gが利用可能

 

つまり、新たに10G用の光ファイバーを用意する必要はなく、現在NURO光(2G)が利用可能であれば、新10G/6Gが利用可能の開通が可能なわけです。

なお、auひかり 10Gでは、10G-EPONが採用されています(既存の最大速度1GのGE-PONとWDM可能のため)

当初予定がなかったXGS-PONシステム

INTERNET Watchのインタビューにソニーネットワークコミュニケーションズ(旧So-net)の山口琢也氏は、こう述べています。

“高速”へのこだわり、XG-PONによる「NURO 光 10G」提供のソニーネットワークコミュニケーションズに聞く

 最後に今後の話については、「XGS-PONへは、ニーズがあればアップグレードできる状況にはなっている。ただそれをどうサービス化するかというのが現時点での課題。その先については具体的にどうこう、という話はまだない」(山口氏)という。

この記事は、2018年2月28日に公開されている記事ですが、恐らくインタビューはもっと前だと思います。

このインタビューを受けた時点では、まだXGS-PONをどうサービス化するのはかは、未定だったようです。

ですが、auひかり 10Gが発表されたため、そう悠長な話ではなくなったようです。

 

NURO光=国内最速のイメージであり、実際にそれを売りにしており、一番の魅力です。

ですが、auひかり 10Gの登場により、最速どころか2番手に落ち込む形になってしまいます。

元々サービス開始していたNURO光 10Gもありますが(XG-PONシステムの10G)、上りの速度が2.5Gbpsです。

上りが遅いのであれば、やはり最速ではありません。

そのため、So-netは悠長にサービス展開している場合ではなく、下りと上り両方とも10GであるXGS-PONのNURO 10Gを慌てて発表したものと思われます。

auひかかり 10G NURO光 10G(XGS-PON)共にエリアは狭い

auひかり 10Gのエリアは正直狭いです。

エリア検索をしてみましたが、エリア外のところが多いですし、Twitterでもエリア外だと嘆いている方が多いです。

NURO光 10Gも、サービス開始当初は恐らく似たような形になるものと思われます。

 

エリアは今後増えていきますが、NURO光とauひかりでは、エリア展開の仕方が異なります。

今後事業者側の設備機器を10Gに対応していくことで、10Gエリアが増えていきますが。

auひかりでは、KDDIが所有している光回線網でなければ、10Gは利用できません。

一部auひかりは、NTTの光回線網を借りて提供していますのが、この地域では10Gは今後も利用できません。

 

一方、NURO光は全てNTTの光回線網を借りて提供しています。

基本的に光回線網に空きがあれば(ダークファイバ)、何処でも利用可能なはずです。

そのため、現在NURO光が提供されているエリアは、10G化は将来的には可能になるものと思われます。

 

エリア発表そのものは、2018年3月現在では未発表です。

ネットワーク基盤事業部門ネットワーク部の足立あすな氏によれば、旧プランとは違い、関東の広い範囲でエリア展開される予定のようです。

実際のエリア確定情報は、4月上旬に公式サイトにて発表予定となっています。

NURO光 2G(G-PON)からの乗り換えは?

NURO光 2Gユーザーの乗り換えについては、検討中とのことです。

新 NURO光 10Gのサービス開始直後からの乗り換えは難しいかもしれませんが、将来的には必ず可能になるものと思われます。

なお、乗り換えの場合は、恐らく工事は必要なく、ONUの交換のみで完了するものと思われます。

旧NURO光 10G(XG-PON)は、どうなる?

旧NURO光 10G(XG-PON)のエリアは、現在、東京都・神奈川県・静岡県・大阪府・兵庫県・奈良県となっています。

このうち、静岡県、大阪府、兵庫県、奈良県は、2018年1月月末からサービスが始まったばかりです。

サービスが始まって3ヶ月たたずに、新たな高速サービスを発表しているところから見ても、NURO光 新10G/6G(XGS-PON)は当初予定されていなかったものなのが、わかります。

 

では、これら旧NURO光 10Gエリアは今後どうなるのでしょうか。

恐らくですが、今後も現状のサービスをそのまま利用することは可能かと思われます。

前記した通り、XG-PONとXGS-PONは重畳可能です。

そのため、XG-PONを利用した光回線を残しておいたところで、XGS-PONの使用を妨げるものではありません。

 

旧NURO光 10Gエリアで、NURO光 新10G/6Gが利用可能になった場合は、そのままでは利用できません。

自宅内に設置される機器(ONU)は、XG-PONのみに対応したONUです。

XGS-PONにはもちろん対応していませんので、ONU交換が必要になるものと思われます。

なお、自宅内に通じている光ファイバー回線は、そのまま利用できますので、工事等は必要ありません。

 

月額料金も恐らく変更されると思われます。

新NURO光 10Gでは、10Gbpsが5743円、6Gbpsが5243円となっています。

この価格は、auひかり 10Gに対向した価格になっているはずです。

一方、旧プランでは6480円となっており、価格差が生じているため、恐らく旧プランも価格が下げられるものと思われます。

NURO光 10G/5G新プラン予約開始

NURO光公式サイトにて新プランの予約開始しています。

NURO 光 10Gs・6Gs | NURO 光

  • 最大速度10Gbpsプラン (ダウンロード・アップロード共に同じ速度)
  • 最大速度6GGbpsプラン(ダウンロード・アップロード共に同じ速度)
  • サービス開始時期:2018年10月
  • サービス開始当初は、電話サービスなし
  • 無線LAN(Wi-Fi)の最大速度 1.7Gbps 無線規格11ac (2Gプランでは1.3Gbpsだった)

電話サービスは旧NURO光 10Gプランでもサービス開始当初はありませんでしたが、後日追加されているので、新プランでも追加されるものと思われます。

高速回線のNURO光を使ってみませんか

NURO光回線は、これだけの速度が出るポテンシャルを持っています。

NURO光の速度を実際に測定した結果(2022年11月 21:30頃計測)
ニューロ光 実測・Ping値結果 2022年11月 SPEEDTESTで測定ニューロ光 実測・Ping値結果 2022年11月 SPEEDTESTで測定
  • ダウンロード速度 :945Mbps
  • アップロード速度 :746Mbps
  • PING       :  3ms
  • 測定サイト    : 測定サイト SPEEDTEST

インターネット混雑時間である21:30頃に計測しても、これだけ速度が出ます。

これだけ速度が出ると、ゲームもあっという間にダウンロード出来ます。

関連記事:NURO光の速度低下問題は改善 混雑時間帯の測定結果は

実際にゲーム(Sekiro)をダウンロードしたところ、1分41秒で完了しました。

インターネット混雑時間帯の測定も行いました(21:30頃)

下記記事では、速度測定中の動画やパケットロスがないかも掲載しています。

NURO光の特徴

NURO光は、SONYグループであるSo-netが提供する独自光回線です

  1. 最大速度 上り1Gbps / 下り2Gbpsの光回線
  2. 通信無制限の使いたい放題 速度制限一切なし
  3. NTT系光回線と完全に独立しているため、速度が高速
  4. 無線LAN(Wi-Fi)機器が永年無料
  5. 戸建てだけではなく8階までのマンションにも対応

 

さまざまなランキングで1位受賞のネット回線

  • J.D. パワー「固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度」関東エリアで1位(5年連続)
  • J.D. パワー「固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度」関西エリアで1位
  • 2021年 オリコン顧客満足度®ランキング「インターネット回線 広域企業」総合1位
  • 価格.com ネット回線満足度ランキング2020 総合1位(4年連続)

 

PS5実機での実測速度とNATタイプ

NURO光は、PS5でも高速回線で快適です。

PlayStation 5本体での測定結果
PS5の速度測定結果による実測速度

NATタイプは、NURO光、PS5共にIPv6対応のためタイプ2で接続出来ています。

(NATタイプがタイプ2で接続出来る場合、対戦ゲームで快適にマッチング出来ます)

現在NURO光新規加入者限定

NURO光なら、PlayStation5を確実に入手出来ます

今ならPS5が確実に手に入る NURO 光 x PS5オプション

 

■ウイルス対策ソフト「マカフィー」がNURO光では無料で使える

  • マカフィーは、カリフォルニア州に本社を置くアメリカのセキュリティメーカー
  • 第三者評価機関「AV-TEST」の評価によると、保護機能、パフォーマンス、ユーザリビティ全てALL6満点のセキュリティソフト
  • 他社では月々500円オプションが、NURO光では5台分無料で利用可能
セキュリティソフトの第三者評価機関「AV-TEST」マカフィーの評価セキュリティソフトの第三者評価機関「AV-TEST」マカフィーの評価

高速回線がWi-FI、セキュリティオプション込みでこの月額料金

利用料金は月額5,200円(税込み)  1日分で換算すると167円で利用できます

 

NURO光をもっともお得に契約するコツは?

光回線は申し込み窓口によって、キャッシュバック等全く異なります。

  1. どこがお得な申し込み方法かわからない
  2. 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた
  3. キャッシュバック条件が複雑でわかりにくい

お得な申し込み窓口を下記にて解説しています

NURO光 特典・キャンペーンの詳細はこちら

(現在の特典は予告なく終了・変更させていただく場合があります。予めご了承ください)

 

NURO光がエリア外だった場合のオススメ回線はこちら
NURO光がエリア外だった場合のオススメ回線
So-net (auひかり)が月額料金 低価格キャンペーン

NURO光と同じ独自光回線 So-net (auひかり)

35ヶ月 月額3,980円(工事費込み)で利用出来るキャンペーン中です

関連記事:NURO光と同じ独自回線 So-net (auひかり)の特徴や評判は?

So-net (auひかり)の詳細はこちら