何故NURO光は他社と違う最大速度「2Gbos」を実現出来たのか。

他社は何故1G回線止まりなのか。

その根本的な理由に、光ファイバーの伝送技術の違いがあります。

そして、この技術で他社が簡単に2G回線を真似出来ない理由があります。

光ファイバイメージ
光ファイバイメージ

光ファイバーを複数のユーザーで共有できる技術 PON

仮に一本の光ファイバーを光回線の基地局から一本まるごと家まで引いたとしたら、非常に高価すぎて誰も利用出来ません。

このような方式を「シングルスター方式」といいますが、個人宅で利用する方はほぼ居ません。

一方、通常プロバイダーを契約して光回線に接続する場合は、一本の光ファイバー回線を複数ユーザーで共有するシステムを利用しています。

この方式は「バッシブダブルスター方式」となります。

img01

上記図では、左がバッシブダブルスター方式。

右がシングルスター方式となります。

複数ユーザーで共有するバッシブダブルスター方式を使う場合、「PON」(Passive Optical Network)という技術を使う必要があります。

この「PON」技術は事業者によって、利用しているタイプが違います。

その違いによって、光回線速度の速度差に現れるわけです。

フレッツ光やauひかりで利用されている「GEPON」

日本でよく使わている「PON」技術は、ほぼ「GEPON」で占めています。

家庭内LANと同じ通信のやりとりを光ファイバーで実現している方式です。

何故この方式が採用されているかと言うと、何と言っても導入が安価。

導入機器も国内ではありふれたものであり、費用がかからないメリットがあります。

その上、光回線のシステムの構築を行うのも他の方式に比べて楽な点です。

GEPONの最大速度は?

「GEPON」の最大速度は「1.25Gbps」となります。

ほぼ家庭内で利用している有線LANケーブルと同じ速度となります。

光回線を導入した当初は高速な部類でしたが、現在となっては正直あまり速いとは言えません。

1.25Gbpsの回線を独占して使えるならともかく、この速度を共有して使うわけです。

実際に自宅で使える速度はかなり遅くなっているのが実態です。

NURO光で利用されている光ファイバー伝送技術「GPON」

対してNURO光は、国際標準規格の「GPON」を採用しています。

「GPON」は、「GEPON」より伝送効率を良くした伝送技術です。

その最大速度は「2.48Gbps」

「GEPON」に比べて、2倍以上。

伝送効率で言えば、128%の優位性があります。

何故他社が1G回線止まりで、NURO光が2G回線まで速度を上げられたのか。

複数のユーザーで光ファイバーを共有する技術が違うため、この速度差になっているわけです。

g-pon01

他社は何故GE-PONを採用するのか

G-PONは非常に高速ですが、国内の他社では採用がほとんどありません。

一方、国内で採用されているのはほぼ全てGE-PONです。

その理由として、GE-PONは家庭内でも使われているLAN(イーサネット)の技術を応用しているからです。

データ転送方法がイーサネットと同じため、機器流用や利用機器の費用が非常に安価です。

(ここで言う機器とは、家庭内に設置するONUだけではなく局内で利用する機器のこと)

また、ネットワークのシステム構築も非常にシンプルに設計することが出来ます。

これらの観点から、事業者側から見るとメリットが多いのがGE-PONです。

NURO光が導入している G-PON その導入敷居の高さ

一方、NURO光が利用しているG-PON。

局内で利用する機器に関しては、国際標準規格であるG-PONは海外から購入可能です。

(最近では国内でもG-PONの機器が販売され始めました)

しかし、一番の問題は技術的な問題です。

G-PONはGE-PONと違い、速度が上がっている分技術的に複雑になっています。

その結果、ネットワークの設計も複雑になり、開発期間や開発コストが高くなりがちになります。

速度が上がるのはメリットではありますが、導入の敷居の高さからG-PONが敬遠されているわけです。

NURO光では、その敷居の高さに挑戦し、実際にサービス開始までたどり着きました。

(実際にサービス開始にたどり着くまで困難の連続だったようです)

その結果、光回線サービス後発ながら、速度が速い光サービスと認知されているわけです。

何故他社が2G回線(G-PON)に切り替えないのか

それならば、他社も同じように「GPON」に切り替えれば良いのでは。

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、残念ながら簡単に切り替えられるものではありません。

まず、対応機器自体のコストがあります。

現状「GEPON」から「GPON」に切り替えるコストが、非常に莫大になります。

NTT局内に設置されているGEPONの機器は、ほとんどGPONに流用は出来ません。

そのため、全て入れ替える必要があります。

速度アップは全体の帯域確保に有用ですが、そのために全ての機器を入れ替えるのは現実的ではありません。

結果的に他社が速度アップを目的にG-PONを導入の可能性は、ほぼないものと思われます。

何故NURO光は導入出来たのか

これは単純に光回線サービスを始めたのか後発だったのが大きいと思います。

日本以外では普及しはじめてるので、「GPON」対応機器が安くなってる傾向にあるようです。

そのため、新たなに光回線サービスを始めるにはうってつけとなります。

また、G-PONを導入するに挑戦出来るだけの知識がある技術者がSo-netに居たことが大きな要因かと思われます。

NURO光がサービス開始する当初、G-PONを実際に商業サービスしている会社は日本にありませんでした。

日本では未開拓のサービスを行うためには、よっぽどの技術者が居なければサービス開始まで辿りつけません。

元々G-PONは複雑な技術なのもありますし、So-netが技術者に恵まれていた部分が非常に大きいものと思われます。

 

NURO光に申し込む前に確認 各申込み先キャンペーンを詳しく比較解説

NURO光に申し込むなら、お得な方法で申し込みたい。

しかし、申し込む前にこんなことを疑問に思いませんか。

  • 何処がお得な申し込み方法かわからない。
  • 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた。

NURO光の申し込みが失敗しないように、詳しく各申し込み方法を解説します。

NURO光 申し込みキャンペーンを徹底比較