各家庭へサービスを行っている光回線は、実は直接1対1で繋がっているわけでは有りません。

直接繋ぐ方式をシングルスター方式と呼びますが、NTT局内や各事業者の収容ビルから、ユーザーまで、他ユーザーの影響を受けずに通信することが可能です。

このシングルスター方式は、一本の光ファイバーをNTT局内や事業者収容ビルから直接ユーザーに繋げるという形になります。

しかし、このような方式で光回線が提供されることはありません。

1ユーザーへの費用が莫大になってしまうため、現実的ではないからです。

一般的に提供されている光回線サービスは、光ファイバーを分岐しを共有利用を行っています。

img01-2

この共有技術があるため、現在の料金設定になっているわけです。

(仮にシングルスター方式ですと、10万超えどころじゃ済まないはずです)

この分岐の技術の違いが、光回線サービスの最大速度の違いと言っても過言では有りません。

現在の主流の光回線PON(分岐)技術

光回線の分岐の技術を「PON」と呼びますが、このPONは現在いろいろな種類があります。

現在主流なのがGE-PON。

最大速度1Gbps(正確には1.25Gbps)を最大32分岐し、共有利用を行っています。

NTT系光回線(フレッツ光、ドコモ光など)や、auひかりが利用しています。

一方、NURO光はG-PONを利用しています。

GE-PONの2倍以上の最大速度2.4Gbpsを最大32分岐し、共有利用しています。

GE-PONやG-PONに関しては、下記の記事にて詳しく解説しています。

他社では使っていない技術で高速化 GPON(ジーポン)とは

今後活躍するであろうPON技術 10G対応

日本で光回線のシェアをとっているのは、紛れも無くNTTです。

つまり一番使われているPON技術も、GE-PONとなります。

しかし、このGE-PON。技術としては既に古く、最大速度1Gbpsも速いとは言えません。

そのような技術が主流の状態で、近年dtvやhulu、Netflixなどストリーミング系配信サービスが、一般ユーザーにも浸透してきました。

これらストリーミング映像配信は、ネットワーク利用率が高い上に長い間回線を専有します。

すると、どうなるか。

現在最大速度1Gbpsを共有し利用するGE-PONを使った光回線サービスは、何処も回線混雑して速度が出ない状態が続いています。

こんな状況だからこそ、10G対応である次世代PONの出番なのですが、NURO光以外では未だにサービス開始まで至っていません。

NTT系光回線で2014年実用化予定だった 10G-EPON

日本で光回線サービスで一番ユーザー数が多いNTT。

10G光回線サービスでも、早い段階で10Gbpsのサービスの実験を行っていました。

2013年に日経の記事があります。

NTTが「光」挽回へ 速度10倍の新装置、来年度にも実用化(日経 2013/10/20記事)

10G対応のPON、10G-EPONの実演実験を披露しています。

この10G-EPONは、文字通り最大10Gbpsの速度で分岐共有することが出来ます。

分岐数は最大128分岐になり、NTT局内からユーザーまでの一本の光ファイバーをより大人数分岐することにより、低価格化することが出来ます。

また、10G-EPONは、各ユーザーの速度を自由に調節出来ます。

これはいわゆる今までの速度規制とは違います。

例えばユーザーが100Mbpsのコースを選んだ場合、NTT側はその1ユーザーの速度を調整し100Mbpsまでの速度に調整が可能なのです。

誰もが超高速回線が必要とは限りませんし、速度が調整された分安くユーザーは光回線を利用できるというメリットがあります。

今までGE-PONでは、このような調整が出来ませんでしたが、10G-EPONでは可能なのです。

また、GE-PONとの互換性もありますので、現在GE-PONを利用しているユーザーのONUもそのまま利用することが出来ます。

(速度は変わらず1Gbpsとなります)

一向にサービス開始されないNTT系10Gサービス

ユーザー側もメリットがあり、NTT側も高速化、速度調整が可能な10G-EPON。

しかし、2013年に日経の記事が出た後、NTT側から10Gに関する情報が一切出なくなりました。

2014年実用化と記事には書かれていますが、現在2016年。

情報が全く出ないとなると、10G計画自体延期もしくは停止された可能性があります。

何故このような自体になってしまったのでしょうか。

2014年 光回線利用者数 伸びず

可能性としては、本来10G実用化予定だった2014年、そして、前年2013年と光回線利用者数が思った以上に伸びない状況に陥っていました。

ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2014年3月末時点)

 NTTのフレッツ光は2014年3月末の東西合計の加入件数が1,805万件で、FTTH市場におけるシェアは合わせて71.1%。2013年3月末から1.5ポイント減少した。

光回線加入者数は2451万件、2013年上期の純増数は66万件で成長鈍化

株式会社ICT総研は15日、「2013年度上期ブロードバンドサービスの東西エリア別市場動向調査」の結果を発表した。光回線市場は、モバイルブロードバンド回線に押され、成長が鈍化しているという。

これらの要因は、どうやらスマホのモバイルインターネット普及がきっかけのようです。

固定インタネットを使わずスマホで満足してしまうライトユーザー層が、増えてきたためです。

このような結果に、NTT経営陣は、もしかするとこう考えたのかもしれません。

2013年に実演実験を行い、2014年に導入予定だったNTTの10Gは、成長が右肩上りではなく、成長が鈍化した状態では、導入が出来ないと。

10G-EPON化に見合う投資になるのか疑問?

仮に10G化を行う場合、NTT局内のGEPONの設備は、全て10G-EPONの機器に交換する必要があります。

日本一のユーザー数を誇るNTT光回線ですから、その費用はかなりになると思われます。

10G化することにより、10G-EPONによる分岐出来る数も増えるので、ユーザーが増えていく前提であれば非常に有用なものでした。

しかし、ユーザー数の増加が鈍化したとなっては、10G化の投資に見合った結果が得られるとは限りません。

モバイルインターネットにユーザーを奪われた形であると、仮に10G化で速度が抑制されたコースが新設、低料金化されたとしても、ユーザー数増加に転じるとは限りません。

モバイルに満足してしまったユーザーには、そもそも固定回線に魅力を感じないからです。

結果、NTTは10G-EPONの導入を保留としてしまった可能性があります。

ユーザーが増えないのだれば、設備投資は行わず、現在のまま収益を維持する方向へと。

事実、現在も10G-EPONは導入されずGE-PONが2016年も継続利用されています。

これらは全て憶測ではありますが、2014年導入計画されていた10G-EPONは、一切NTTから情報が出なくなってのは事実です。

なお、10G-EPONの機器の開発自体は、既に前記した日経2013年の記事にて開発はほぼ完了しているとNTTの説明員が発言していると記載されてます。

そのため、開発遅れで10G-EPONが導入されないという線はないと思われます。

光回線業界に転機 ドコモ光はじまる

成長が鈍化していた光回線ですが、転機が訪れました。

ドコモ光と光コラボレーションです。

docomo01

今までドコモは、NTT法に縛られセット割りなどの提供は出来ませんでした。

しかし、総務省は2015年に規制を緩和。

光回線とのセット割りとして、ドコモ光を提供しはじめました。

その効果は絶大で、今までドコモのセット割りが出来なかった影響か、恐ろしいほどユーザーが増えていきました。

「ドコモ光」の契約数が100万件を突破(ドコモ報道発表資料)

上記発表は2015年12月21日ですので、2015年3月1日に始まったドコモ光は9ヶ月で100万件突破したことになります。

これはドコモ光だけの数字で、他光回線を入れるとかなりになるものと思われます。

急速に増えすぎた光回線ユーザー 結果混雑状態続く

予想外に増えた光回線ユーザー。

この状況で何が起こったというと、混雑による速度鈍足化です。

光コラボレーションが始まると同時に、中には実測が1Mbpsなんて速度を体験してしまうユーザーが出始めました。

モバイル回線でも固定回線でも言えることですが、急速なユーザー増加は突然には対応出来ません。

結果、回線事業者側も増設工事を行っていますが、ユーザー数も同時に増えているため、イタチごっことなっています。

2014年認知されていなかった映像配信サービス

光回線ユーザー増加するもう一つのきっかけは、前記したdtvやhuluなどの見放題映像配信サービスです。

動画配信サービス

このサービスは、モバイル回線で利用すると使用量を制限されているパケットを使いきってしまうほどの大容量パケット利用のサービスです。

2014年頃はあまり一般ユーザーには認知されていないサービスでしたので、影響はあまりありませんでした。

しかし、テレビCMなどで認知され始めると状況が違ってきます。

ドラマも映画も見放題なら、ユーザーは使ってみたい。

ケーブルTVやWOWOWより低料金だしお得だ、と。

しかし、モバイル回線ではすぐパケットを使いきってしまう。

モバイルのみで満足していたユーザーが、映像配信サービスを使うきっかけとして光回線を契約することが多くなったです。

そこでタイミングよく現れたのが、ドコモとセット割りのドコモ光やソフトバンク光などの光コラボレーションです。

セット割りで安くなる上に、高速回線でパケット量を気にせず見放題映像を楽しむことが出来るわけですが、ユーザーも殺到するわけです。

まとめ 読み間違えたNTT GE-PONの継続利用が悲惨な結果

NTTは現在となっては速くもない1GbpsのGE-PONを利用しています。

要は家庭内有線LANと同じ速度で最大32ユーザーで共有しているわけです。

結果、まとめると下記のようなことが起きています。

  • ドコモ光や光コラボレーションによるユーザーの急増
  • 映像配信サービスを楽しむライトユーザーの増加
  • 上記2つの効果で速度が全く追いついていない状況に

ライト層でも、昔と違いWebやメールで満足しているユーザーの方が少なく映像配信サービスなど活用しはじめました。

結果、今まで以上に回線負担が多いライトユーザーが急速に増えた、と。

そして、2014年の時点で10G-EPONをNTTが導入していれば、状況は違っていたのではと。

確かにドコモ光のユーザーがここまで増えるのは予想外でしたし、そもそもNTT法により始められるかもわかりませんでした。

ですが、今後映像配信サービスが活発になるのはある程度予想できたはずです。

それを考えずに、10G-EPONの導入をしなかったNTTは完全に失策だと思います。

もし10G-EPONを導入していれば、各ユーザーごとに速度調節が出来る機能である程度混雑を抑制出来たかもしれません。

そもそも現在利用しているGE-PONが1Gbps。10G-EPONはその10倍です。

10倍の速度があれば、これだけユーザーが増えても、現在のような混雑とは無縁になった可能性があったわけです。

しかし、10G-EPONは現在も音沙汰無し、夢のまた夢となっています。

NTT局内では恐らく毎日現状の回線増設で技術者は大忙しのはずです。

そのような状況で果たして今後10G-EPONを導入出来るのか。

そもそも導入する気があるのかと、かなり不安材料が多いのが現状のNTT光回線となってしまっています。

NURO光に申し込む前に確認 各申込み先キャンペーンを詳しく比較解説

最高2Gbpsの光回線 その回線が4743円で使えるNURO光

そんなNURO光をお得な方法で申し込みたい

ですが、申し込む前にこんなことを疑問に思いませんか

  • どこがお得な申し込み方法かわからない。
  • 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた。

NURO光の申し込みが失敗しないように、詳しく各申し込み方法を解説します。

NURO光 申し込みキャンペーンを徹底比較

そもそもNURO光がどんな回線かわからない方

NURO光の全てを当サイトのトップページにて詳しく解説していますNURO光の実測や評判は?トップページ