他社のインターネット回線から、NURO光を申し込む前に気になる点があると思います。

それは、他社回線の解約時期ではないでしょうか。

J:COMの場合

J:COMが利用している回線は、同軸ケーブルです。

同軸ケーブルとは、TVに繋ぐためのケーブルです。

J:COMでは、このケーブルでケーブルTVの視聴とインターネット接続が出来るように設計されています。

一方、NURO光で利用する回線は光ファイバーケーブルとなります。

光ファイバーケーブルを利用して、NURO光は2Gbpsの高速回線を実現しています。

このように、そもそもケーブルが違うため、J:COMの回線が自宅に敷設されていても、NURO光の回線に干渉を起こすようなことはありません。

また、工事に支障が起きるようなこともありません。

J:COMの使用回線ケーブル
J:COMの使用回線ケーブル

そのため、慌ててJ:COMの解約をしないようにしましょう。

NURO光開通まで自宅にインターネット回線がないという状況は、不便で非常にストレスが溜まる状況だと思います。

J:COMの回線があった状態でも、NURO光の工事は問題なく出来ます。

NURO光が開通した後、J:COMの解約手続きを行うことをおすすめします。

フレッツ光やドコモ光などのNTT系光回線

一方、フレッツ光やドコモ光などのNTT系光回線の場合、NURO光と同じく光ファイバーケーブルとなります。

同じ光ファイバーケーブルであれば、まずNURO光に流用出来るだろうと考える方が居ると思います。

しかし、残念ながらフレッツ光などで利用されていた光ファイバーケーブルはNURO光に流用は出来ません。

何故流用が出来ないのか。

それは、NURO光が利用する光ファイバーは、NTTが利用していないダークファイバーを利用するためです。

フレッツ光などのNTT系光回線の使用ケーブル
フレッツ光などのNTT系光回線の使用ケーブル

ダークファイバに関しては、下記記事にて詳しく解説してます。

関連記事:NURO光とダークファイバー エリアや速さの秘密

NURO光を提供しているSo-netは、分岐されたダークファイバを8分岐単位で借りています。

この分岐されたダークファイバのみがNURO光で利用できる光ファイバケーブルとなるわけです。

元々敷設されているフレッツ光などのNTT系光回線専用の光ファイバーは利用できません。

NTT系光回線からの移行は「増設」扱い

流用に関しては全くできませんが、あくまでもNURO光とフレッツ光等の光ファイバーは別回線扱いとなります。

NTT系光回線が残っている状態でも、NURO光回線を増設するような形で工事となります。

もちろん、このような状態でも工事費用は変わりません。

また、NTT系回線である旧回線は、特に撤去を伝えない限り、そのまま家まで繋がったままになります。

そのため、NURO光からNTT系光回線に戻す場合は、宅外工事は一切必要がないわけです。

NTT系光回線からの移行解約時期は?

J:COMと同じくNURO光が開通してから、解約を行うことをおすすめします。

NURO光の工事では、あくまでも増設なので回線干渉はしません。

NTT系光回線が残っていたとしても、工事に支障をきたすこともありません。

増設という形なので、一応2回線同時に利用すること可能です。

(料金もどちらもかかりますので、特別な理由がない限りおすすめできる方法ではありませんが)

回線に干渉する回線 しない回線

NURO光が利用している光ファイバーは、他回線からのノイズ干渉は受けません。

光ファイバーは、光信号を利用して通信を行っているためです。

本来通信を行う場合、電気信号を送るわけですが、光ファイバーでは電気信号を光の点滅に変換しておくっています。

光の点滅に対して、電波などでは一切干渉することは出来ません。

そのため光ファイバーはノイズに強い回線と言われているわけです。

光ファイバーはノイズの影響を受けない
光ファイバーはノイズの影響を受けない

(唯一光ファイバーケーブルの速度減退による原因は、距離による減衰です。距離が長くなるほど信号が弱くなります)

このように、どのような回線が宅内に通っていようとNURO光が利用している光ファイバーに干渉することは一切ありません。

ただし、NTT系光回線の中にマンションタイプがあると思います。

NTTのマンションタイプの場合、光ファイバーを直接マンションの部屋に敷設するのではなく、各部屋への敷設にVDSLを利用する場合があります。

VDSLは、従来のアナログ回線(メタリック回線)を利用するため、ノイズの影響をモロに受けます。

そのため、マンション施設内に干渉するもの(干渉する回線、電波を発する物等)がある場合、速度が一気に落ちてしまいます。

なお、NURO光でマンション利用する場合は、全て光ファイバーを各部屋に敷設するタイプですので、このような心配はありません。

料金が他社とNURO光二重請求の心配は必要なし

早めに解約をすべきか悩んでいる方は、料金は解約月に二重でかかってしまう心配をされる方がだと思います。

ですが、NURO光の場合は、下記のように開通月は無料となります。

h_price_hyo01

そのため、旧回線を開通まで残しておき、開通後すぐに解約手続きを行えば、開通月は旧回線の料金のみ請求が来るわけです。

そのため、慌てて解約し、インターネットがない環境にせず開通まで旧回線を残しておくことをおすすめします。

NURO光に申し込む前に確認 各申込み先キャンペーンを詳しく比較解説

開通月無料の高速回線 NURO光

そんなNURO光をお得な方法で申し込みたい

ですが、申し込む前にこんなことを疑問に思いませんか

  • どこがお得な申し込み方法かわからない。
  • 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた。

NURO光の申し込みが失敗しないように、詳しく各申し込み方法を解説します。

NURO光 申し込みキャンペーンを徹底比較

そもそもNURO光がどんな回線かわからない方

NURO光の全てを当サイトのトップページにて詳しく解説していますNURO光の実測や評判は?トップページ