光回線のサービス提供するためには、当たり前ですが、光回線を利用しなくてはいけません。

しかし、光回線をサービスエリア内に自社で引くのは非常に高額な費用がかかってしまいます。

事実、高額な費用のため実際に自前で光ファイバーを引いている事業者は以下のように少ないです。

自社で光回線を引いている会社

  • NTT(旧電電公社系)
  • 東京電力など電力会社
  • JR(旧国鉄)
  • 高速道路系(日本高速通信株式会社)

これら事業者は基本的に自社にためのインフラとして光回線を整備しています。

上記を見てみれば分かる通り、インターネットサービスを提供していて自社で光回線を引いているのは、NTTのみです。

過去に東京電力がTEPCOひかりというサービスでインターネットサービスを提供していましたが、サービス終了してしまいました。

そのため、NTT以外では光回線サービスを提供する場合は、ある制度を利用しています。

それが2001年に始まったダークファイバの開放義務付け制度となります。

そもそもダークファイバーとは

ダークファイバーとは、利用されていない光回線のことを指します。

基本的に光回線を引く場合、今後利用することも考慮して多めに敷居することが一般的です。

(必要数に応じて毎回地面の中に光回線を引くのはコストがかかるため、現実的ではありません)

そういった利用されていない余った光ファイバーのことを「ダークファイバー」と呼びます。

NURO光も使っているダークファイバー

NURO光では、そのダークファイバーをNTTから借りてサービス提供しています。

NTTからダークファイバーを借りる場合、シングルスター方式とシェアドアクセス方式がありますが、NURO光ではシェアドアクセス方式となります。

8bunki-のコピー1

NTT局内で4分岐、自宅近くの電柱(局外スプリッタ)で1本の光ファイバ最大32分岐されています。

これはNTT系光回線(フレッツ光、ドコモ光)も同条件となります。

局外スプリッタは8分岐されますが、分岐から接続出来る範囲は、実はあくまでも局外スプリッタが設置されている電柱の近所のみです。

2sin-のコピー

電柱のスプリッタから伸ばせる距離もあまり長くありません。

そのため、近所にその事業者の光回線契約者が居ない場合は、実質8分岐はされないことになります。

しかし、ダークファイバをNTTから借りる場合、光ファイバ1芯で8ユーザーだろうと、1ユーザーだろうと料金は同じです。

それに噛み付いたのがソフトバンクの孫正義氏です。

ソフトバンク vs NTT,再燃した光ファイバのバラ貸し論争

孫正義氏はダークファイバの分岐、8分岐をバラ貸しを行って欲しいと要望。

しかし、結局NTTの強固な反対に頓挫。

2007年の記事ですが、この問題は随分と長引きました。

現在はダークファイバでの光回線サービスは諦めたのか、ソフトバンクは光コラボレーションへのサービスへ切り替えています。

一方NURO光では、ダークファイバを借りなければそもそも2.5Gbpsという速度を実現出来ません。

分岐する機器、技術の違いにより2.5Gbpsという速度が実現出来ています。

ひかりコラボレーションでは、1.25Gbpsが限界の速度です。

そのため、高い貸出料金ではありますが、NTTにダークファイバを借りてサービスを提供しているわけです。

もしソフトバンクのバラ貸しが成功していた場合、もっと安くNURO光が提供されていたかもしれません。

分岐数は同じ しかし分岐の利用率の違いが速度差を生む

分岐数はNTT系光回線(フレッツ光やドコモ光)とNURO光は同じです。

しかし、前記した通り8分岐は全て利用される可能性はNURO光ではあまりありません。

電柱の近くに都合よく8世帯繋がっている状況は、いくらユーザーが増えてきているとは言え、ないです。

一方、NTT系光回線は、日本最大ユーザー数を誇る光回線サービスです。

それこそ光回線を契約するなら、NTTを契約している方がほとんどのはずです。

そのようなNTT光回線は、近所に家がある状況ではほとんど8分岐されると思って良いと思います。

最終的に局内スプリッタも含めて、最大32分岐される分岐は、ほとんど利用される状況になります。

そして、下記のように、一件辺り39Mbpsという1Gbpsとはかけ離れた速度になってしまうわけです。

NTT繋がる経路一覧-1

最大1.25Gbpsを32世帯で分け合うという無茶をやっている状況、速度が出ないのは構造上わかりきったことなのです。

そして、実際にNTT系光回線は現在、速度が全く出ない状態に陥っています。

特に32世帯が同時利用することが多いであろう、夜の時間帯は速度減速が恐ろしいことになっています。

一方、NURO光は最大2.5Gbpsを複数ユーザーで共有することになります。

しかし、前記した通り局外スプリッタでの8分岐での利用率は高くありません。

結果的に共有ユーザーが少なく、速度が安定して出ているのがNURO光です。

事実、実測として非常に高速な速度を実現しています。

ニューロ光 実測結果 2016年2月 測定結果
ニューロ光 実測結果 2016年2月 測定結果

ダークファイバだから速い ではない

ダークファイバーだから=2Gbpsという訳ではありません。

前記した通り、ダークファイバーはあくまでも利用されていない光ファイバーのことを指しているだけです。

ダークファイバーだから速い、ダークファイバーだから2Gbps出るということではありません。

2Gbpsが出る仕組みなのは、NTT系光回線が利用している「GE-PON」ではなく、NURO光では「G-PON」という接続方式を利用しているためです。

G-PONに関しては、下記の記事にて詳しく解説しています。

他社では使っていない技術で高速化 GPON(ジーポン)とは

サービスエリア県外提供不可な理由

NURO光のサービスエリアすぐ隣に住んでいるが、隣の県のため利用できないことがあります。

これには理由があり、NTT側の制約で基本的に光ファイバー(ダークファイバー)提供は県内のみに限られているからです。

県間のファイバは、他社にNTTが提供していません。

企業でも専用線の代わりにダークファイバーの利用をすることがありますが、県間で光ファイバーを利用する場合は、基本的に自前で引くしかありません。

一応例外として、国土交通省が道路管理用光ファイバーケーブルを引いている場合があります。

この場合は、県間でも利用できるようです。

国道沿いでよく引いているようで、空きがあれば企業に貸し出しているそうですが、NURO光での利用は恐らくないと思われます。

関西でエリア展開を期待されているNURO光

検索ユーザーで「NURO光 関西」という項目で検索するユーザーが最近かなり増えてきています。

事実、検索候補の中ではかなり上位に来ています。

何故関西で現在提供エリア外のNURO光が、注目を集めているのか。

それは下記のように、速度が遅く苦しんでいるユーザーが多数いることが原因のようです。

何故こんなことになっているのかと言うと、関西のFTTH(光回線)加入率が非常に高いのです。

kansai-のコピー-1024x202

そのため、普及率が高い関西では、分岐した世帯の同時接続が多くなるのは必然です。

結果、このような速度減速に悩まされることになっています。

一方NURO光は、仮に同時接続があってもNTT系のような速度減速はそこまで起こりません。

実際に速度が極端に遅い報告は、あまり聞かれませんし、逆にTwitterでの速い評判が非常に多いのが特徴です。

関西へのエリア拡大あるのか

NURO光は大体1年に1〜2回、何かしら大きな動きがあるのが特徴です。

2014年には関東での更なるエリア拡大。

2015年はマンションプランの充実

(集合住宅でのサービス提供、2015年年末には戸建てと同様のサービスを5階までのマンションに提供)

一気にサービス提供を広げているわけではなく、少しずつ着実に環境を整えています。

事実、NURO光は、2015年まではほぼ戸建てコースのみの加入が多かったのが特徴です。

そのため、ユーザーの流入はそこまで多くありませんでした。

会社としても、そのような状態で他地域への進出は現実的ではありません。

しかし、2016年にはマンションユーザーへの提供環境もほぼ改善され、他地域への進出への準備は整ったものと思われます。

もし動きがあるのであれば、今年2016年もしくは来年である2017年に動きがあるかもしれません。

何かしら動きがあり次第、こちらでもご報告させて頂きます。

NURO光に申し込む前に確認 各申込み先キャンペーンを詳しく比較解説

分岐数がフレッツ光より少ないNURO光

そんなNURO光をお得な方法で申し込みたい

ですが、申し込む前にこんなことを疑問に思いませんか

  • どこがお得な申し込み方法かわからない。
  • 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた。

NURO光の申し込みが失敗しないように、詳しく各申し込み方法を解説します。

NURO光 申し込みキャンペーンを徹底比較

そもそもNURO光がどんな回線かわからない方

NURO光の全てを当サイトのトップページにて詳しく解説していますNURO光の実測や評判は?トップページ