kaspersky_mini

インターネットと切っては切れないものは、コンピューターウィルスです。

最近一気に被害が拡大し、特に日本ではウィルスによる不正送金などが増えていることが報告されています。

このような動作するウィルスは、残念ながらウィルスにかかった状態でも目立った動きは一切しません。

パソコンを使っている本人が気づかず、いつの間に被害にあっていることが非常に多いです。

何故今日本でウィルス被害が広がっているのか

残念ながら、日本のIT環境はセキュリティ対策に対してお金をかけていません。

それは個人もそうですし、法人でさえも軽視している部分があります。

そのため、中国の犯罪者集団に非常に狙われている事態になっています。

ウィルス感染は他人事に思える方がかなり多いですが、他人ごとではありません。

緊急警告! ネットバンキング被害急増とその対策

ウィルス感染ルートは?メールからだけじゃない、今どきの感染ルート

一般的にウィルス感染と言えば、メールに添付されている偽造された添付ファイルだと思います。

事実、今でもそのようなウィルス感染がおおいです。

しかし、最近では、Webページを見ただけでも感染するパターンが増えてきました。

ファイルを自分でダウンロードしたわけではありません。

単純に見ただけで感染します。

広がるWeb感染型ウィルス

何故ウェブを見て感染してしまうのか。

それは、その現在見ているWebページそのものがウィルスに感染されてしまっているからです。

仮のそのようなWebページにアクセスしてしまっては大変です。

何も対策していない場合は、そのページにアクセスするだけで、音もなくメッセージもなく、気づかないうちにパソコンがウィルスにやられてしまうわけです。

そんなところに?正規サイトに潜むWeb感染型マルウェア

感染してしまった場合は、どのような被害になるのか

非常に多種多様ですが、まず第一に一番怖いのがオンラインバンキングの情報を抜き取ることです。

ウィルス感染してしまうと、情報は筒抜けと思ったほうがいいでしょう。

同じような被害で、キーロガーというものもあります。

キーボードで打ち込んだ文字をすべて抜き取る被害です。

こちらもパスワード等が筒抜けになるわけですが、被害は甚大です。

クレジットカードも被害にあうことがあります。

内部データ破壊などのウィルスはもはや時代遅れ

昔はコンピューターウィルスと言えば、内部データ破壊や感染者を驚かすウィルスが一般的でした。

ですが、現在は如何にウィルスを使ってお金を盗むことができるのか。

その点を重点的に考え、作られています。

そのような犯罪者相手にウィルス対策をしないということは、家の扉を鍵をかけないで出かけていることと同意です。

パソコンを使うなら、必ずウィルス対策は入れるべきです。

NURO光に申し込む前に確認 各申込み先キャンペーンを詳しく比較解説

NURO光に申し込むなら、お得な方法で申し込みたい。

しかし、申し込む前にこんなことを疑問に思いませんか。

  • 何処がお得な申し込み方法かわからない。
  • 高額なオプションに釣られて、実は損をしていた。

NURO光の申し込みが失敗しないように、詳しく各申し込み方法を解説します。

NURO光 申し込みキャンペーンを徹底比較